【ブログ作成ノウハウ】ブログ記事を書き始めるまでの準備作業 後編【WordPress】

ブログ開設までに行わなければいけない準備作業についての解説、後編です。

前編はこちら。

【ブログ作成ノウハウ】ブログ記事を書き始めるまでの準備作業 前編【WordPress】

前回のおさらいですが、ブログ記事を書き始めるまでの準備手順は以下の通り。

スポンサーリンク

ブログ記事を書き始めるまでの準備

1.レンタルサーバーを契約する

2.独自ドメインを取得する

3.独自SSLを有効化する

4.WordPressをレンタルサーバーにインストールする

5.WordPressのテーマを決定し、適用する

6.Google Adsense の申請を行う

7.Google Analytics の設定を行う

8.Search Console の設定を行う

9.10記事ほど記事をアップし、運用する

10.Google Adsense の申請が通ったら、本格的にブログ運用開始

前回は、5のWordPressのテーマ選びまでお話しましたので、今回は「6.Google Adsenseの申請」以降を解説したいと思います。

6.Google Adsense の申請を行う

そもそも、Google Adsenseとは?

Googleが提携している広告主の広告を自サイトに表示し、その広告がクリックされたら、報酬としてお金がもらえるという仕組みです。

よく耳にする「アフィリエイト」とは少し異なります。

アフィリエイトは、紹介した物が売れた時点で報酬が発生しますが、Google Adsenseは広告がクリックされるだけで報酬が発生します。

しかも、表示される広告をGoogleが自動判断してくれます。

自サイトに書かれている内容に関連する広告や、ユーザーの趣向、巡回してきたサイトの傾向から最適と思われる広告を選び、表示してくれます。

ブログ運営者は、どこに表示させるかだけを気にすればいいだけですので、負担は少ないですね。

そのかわり、報酬も低めです。

とはいえ、レンタルサーバー代+ドメイン代をペイできるぐらいの報酬を視野に入れるのであれば、十分でしょう。

ちなみに、大体の目安として、1クリックの単価は1円~1,000円ぐらいまで様々。

ロードバイク関連であれば、WiggleやCRCの広告が表示されることが多いですが、1クリック10円いかないぐらいじゃないですかね?

私のブログでは、100PVにつき、1クリックされるぐらいです。

月700円ぐらいの費用をペイするには、1クリック10円と仮定すると、1日200PV、1月に6,000PVぐらいが目安になると思います。

当たり前の話ですが、自分で広告をクリックしたらダメですよ。

あと、友人に頼んでクリックしてもらうとかもアウト。

広告を見て、「詳しく見てみたい!」と純粋に思ったユーザーのクリックのみが、成果報酬になると思ってください。

前置きの最後に。

自分のブログに広告を設置することに罪悪感を感じる方もいるかもしれません。

私は感じました(笑)

でもね、もしそうであれば、無料ブログも使えないことになります。

無料ブログが無料でブログサービスを提供できる理由は、運営がGoogle Adsenseやアフィリエイト広告を貼る前提があるからです。

fc2ブログやSeesaaブログの広告なんて鬱陶しすぎて、本当にひどいものですよ。

それに比べれば、自分でブログ運営を行い、ユーザビリティに配慮して広告を配置する方がよほどいいとは思いませんか?

広告をクリックしたユーザーが、不利益を被ることは絶対にありませんしね。

何も気にせず、Google Adsenseを利用すればいいと思います。

前置きが長くなりましたが、申請は以下のサイトから行います。

Google Adsense

申請方法については、様々なサイトで解説されていますので、検索してみてください。

私からはポイントだけ。

2017年6月に申請をした時の話です。

・独自ドメインのサイトのみ登録可能

・申請の手続きを行えば、審査用のスクリプトが発行され、それを指定場所に記述するだけで審査が開始される(昔は2段階だったらしいんですけど、私の時は1段階でした。)

・審査はおおむね2週間程度

・審査が通れば、メールで通知がくる

まっとうな内容のブログ記事を10記事もアップしていれば、審査を通過することが可能だと思います。

私は、1ヵ月かかりましたけどね!!

ブログに十分な記事数もあったし、どこかのサイトをパクったような内容にもなっていなかったんですけど、待てど暮らせど審査通過の通知がこなかったんですよ。

いろいろ調べてみたら、これが足りてないことに気付きました。

プライバシーポリシーの記載

私のブログでいうと、この以下の固定ページがプライバシーポリシーです。

速く遠くへ プライバシーポリシー

ここにGoogle Adsenseを使ってるよ~と明記することが必要なんですね。

ちなみに、Google AnalyticsやAmazonアソシエイトプログラムについても記載が必要になります。

親切な解説サイトにテンプレもありますので、プライバシーポリシーもしっかりと準備しておきましょう。

また、運営者情報も必要ですのでお忘れなく。

速く遠くへ  運営者情報

7.Google Analytics の設定を行う

Google Analyticsは、ブログへのアクセス数、記事ごとのアクセス数、どこからアクセスされたのか、時間帯別のアクセス数はどういう傾向にあるのか、アクセスされてから平均してどれぐらいの時間滞在してもらえたか等、様々な情報を得るための無料ツールです。

登録した際に与えられるスクリプトを、指定の場所に埋め込むのはGoogle Adsenseと同じです。

Google Analyticsは、絶対に導入しなければいけないというわけではありません。

ブログを大きく成長させていこうという方や、統計などを研究するのが好きな方には、必須のツールだと思いますけど。

最初の数か月はアクセス数が少なすぎて、あまりお役に立たないかもしれません・・・

無料ということもありますので、情報として記録しておくと、後々、「最初のころはほとんどアクセスがなかったのに、成長したもんだな~」なんていう楽しみ方もできていいと思います。

専門的なところでは、セッション数とPV数から1ユーザーがどれぐらいの記事数を読んでくれているのか?とか、平均セッション時間から記事をしっかり読み込んでくれているのか?とか直帰率からおもしろいと思ってもらえているのかとか、いろいろと考えるべきことはあるわけです。

まだ、私も使いこなせているわけではありませんが、ブログデザインや記事の評価、改善案の検討に役立つものですので、導入すべきツールだと思います。

具体的な使い方は、他の解説サイトを見てください。

8.Search Console の設定を行う

Google Search Consoleも、Googleが提供する無料の統計ツールです。

登録した際に与えられるスクリプトを、指定の場所に埋め込むのはGoogle Adsenseと同じです。

サーチコンソールは、Google検索からやってきたユーザーが、どのようなキーワードで検索して流入したのか、キーワードで検索された際の掲載順位や表示回数、実際にクリックされた回数などが分かるツールです。

Googleで検索する時、検索ワードを入力しますよね?

「クリンチャー 最高峰」みたいな。

これがキーワードです。

キーワードを記事のタイトルや記事説明分などに埋めておくと、Google検索が拾ってくれて、そのサイトがどれだけ役に立つかをいろいろな要素から分析し、順位付けして検索結果に表示するわけです。

ブログへの訪問経路の圧倒的1位は、Google検索です。

アクセス数にこだわるのであれば、Google検索で上位表示されることは必須になります。

アクセス数にこだわらないとしても

「Google検索に評価される=役に立つ記事を書けている」

と考えることもできますので、どちらにしても気にかけていい要素だと思います。

Google検索が、どのような評価を運用しているサイトに下しているかが分かる非常に重要なツールですので、ぜひ導入しましょう。

9.10記事ほど記事をアップし、運用する

Google Adsenseの項ですでに触れていますが、記事がまったくアップされていないサイトは、審査に通ることはまずないです。

更新頻度や記事の内容まで、しっかりと審査されます。

と言っても、本格的なアフィリエイトサイトのようながっつりと解説した記事を書かなければいけないわけでもありません。

オリジナリティがあり、読み物として成り立っているレベルであれば、問題ないと思います。

更新頻度は2日に1回を目安に、10記事を書くとすると約3週間。

十分な頻度と記事数になると思います。

他の部分に問題がなければ、この期間内で審査通過の通知がくるでしょう。

ちなみに、Google Adsenseは1度審査を通過すると、他のサイトやブログ、YouTubeなどにも広告を貼ることができるようになります。

審査通過の通知がこない場合は、どこかに対処し忘れた箇所がないかを確認し、粘り強く待ちましょう。

待っている間、Googleから「ここを直せばOKだよ」というような通知は、一切ありませんのであしからず・・・

10.Google Adsense の審査を通過したら、本格的にブログ運用開始

ここからは、自分の好きなことを好きなように書きましょう。

私は、解説系の文章を書くのが好きなので、技術論や関連商品のインプレなどを中心に書いています。

オピニオン記事を書いてもいいでしょう。

トレンド記事でもいいかもしれません。

日記を中心にするのもありです。

最初は、PV数などを気にしてしまうかもしれませんが、まずは記事を書く。

記事を書くことになれる。

好きなことを好きなように書いていると、文章の構成や言い回し、見せ方などのパターンができてくると思います。

それをブラッシュアップしつつ、他の巨大サイトも参考にしつつ、粘り強く記事を書き続けていると、Google検索からの流入が増えてきます。

サーチコンソールの項で触れた、Google検索の検索結果の掲載順位も上がってきます。

この上昇気流に乗り始めるまでに、3か月ぐらいはかかりますので、粘り強く書き続けましょう。

この期間は、ブログ村などのランキングサイトに登録し、ブログの知名度を上げることが非常に有効だと思います。

気を付けないといけないのは、ランキングサイトの読者に対して、受けのよさそうな記事を狙って書くようになってはいけないということ。

記事のタイトル1つにしても、ランキングサイトの常連さんには理解できる(むしろ心をくすぐられる)タイトルでも、Google検索に表示された時、意味が全く分からないということになるのはNGです。

「記事を読みにきてくれた方は、自分のブログに初めてきてくれている」という意識を常に持ちながら、記事を書くのがよいと思います。

日記は例外ですけど。

分かりやすく、独自性のある、役に立つ記事を書くこと。

これを柱に、ブログ運営を行えば、ブレることはないのではないでしょうか。

最後に

ブログ開設までの道筋を解説してきました。

各項目の操作面などは、他のサイトでとてもわかりやすく解説されていますので割愛し、重要なポイント、私が経験した失敗、心構えなどを中心に書きました。

今からブログを始める方や、すでに始めているけど実行に移せていない項目がある方などに、当記事がお役に立てれば幸いです。

関連記事:【ブログ作成ノウハウ】ブログを始める前に考えておくべきこと

スポンサーリンク

シェアする

フォローする