ペダリングのためのお手軽筋トレ

うちの奥さんも2015年12月からロードバイクに乗っているわけですが。

この前、仕事から帰ると筋トレ中の奥さん。

奥「腸腰筋を鍛えなと思って」

ロード歴半年の女子の言葉とは思えないですが、話をしてるとこんな話題に。

A「筋トレしとる時間すらとれん!!」

奥「階段を昇るのがいいらしいで」

うん、一応知ってる。

職場が11Fなので、次の日に昇ってみた。

5分もの間、息が整わず、ハァハァおじさんと化す…

やっぱり、トレーニングは必要ですね\(^o^)/

で、まぁ、腸腰筋を鍛えるのに階段を昇るのが有効なのは有名な話。

また、ローディーからすると一段飛ばしで階段を昇るのがペダリングの感覚に似ているというのもよく聞く話ですね。

私、つい最近まで「どこが似てるねん!!」と思ってました(^_^;)

「いやいや、似てるやんけ!!」と思われた方は正しい筋肉の使い方ができてる方なのでしょう。

日本人は私と同じ感想を持つ方が多いんちゃうかなぁと思うのですが、どうなんでしょうね??

日本人って、歩くときにつま先から足首のスナップを使う人が多いと思うわけですが…

実際にやってみたらわかりますけど、この歩き方、メインで使う筋肉がふくらはぎになります。

階段を昇るときもふくらはぎを使っていたので、ペダリングの感覚に似てると感じなくて当たり前ですね(笑)

ということで、私の感じ方そのままに表現する腸腰筋を使った階段の昇り方。

「腹筋で上体を固定して、ケツをぶりぶりする」

外国人のダイナマイツバディのおねぇさんによく見かける、ぶりケツ歩きのイメージです(笑)

女子の方々は、むやみやたらに発動しないようにしましょうね。

期待するナニとは異なる効果をもたらす可能性がございますので\(^o^)/

普通に歩く時も、使う筋肉を意識するだけで、変わると思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする