初のグループライド参加を考えているみなさまへ その1

いまからドキドキ初体験なあなたに贈る、ちょびっとアドバイス。

経験者の方にはあるある的な、そんなお話。

私が初めてグループライドに参加したとき、それはそれは緊張しましたよ。

ロード歴が半年を過ぎたあたりだったですかね。

アワイチも達成して、そろそろグループでわいわい走るのも経験したみたいという思いで、STRAVAでよく目にした方がmixiのコミュにいたことから夜練に参加させてもらったのが初めてのグループライドでした。

やったらあかんことやってまわんかなぁとかペースについていけんかったらどうしようとか考えてましたけど、主催者の方が気を配ってくれる方だったので、すぐに馴染むことができました。

千切り愛などもあり、すごく楽しかったなぁ(遠い目)

いまは慣れた人でも、初めてのグループライドはみんな同じようなものではないかと思います。

ショップの初心者ライドに参加できる人はグループライドに慣れやすい環境なのでよいのでしょうけど、私みたいにガイツーでロードバイクを買っちゃった人なんかは、そのチャンスすらない。

なら、やれることはどこぞのSNS、ブログにメッセージでも送って、初心者歓迎ライドに凸するしかないわけです。

案外、ここがハードル高かったりもするんだけど(笑)

まぁ、そこは「えいや~!!」の精神しかありまへん\(^o^)/

そして、どのようなライドに参加するべきかも大いに迷うところ。

「初心者歓迎!!」とか「ゆるポタです♥」みたいな詐欺ワードが乱立するこのご時世(笑)

しっかりと見極めないと生涯ボッチが確定してしまうかもしれません。

ということで、簡単な詐欺ライドの見極め方を少々。

その1。

・主催者が女性。

ギャンギャン走る女性の主催者様を私は知りません(笑)

基本、周りに気を配れる優しい方が多いような気がします。

そういう方は「ペース、大丈夫ですか?」
と聞いてきてくれることが多いので、正直に状況を伝えましょう。

希望のペースに合わせてくれるはずです。

次、その2。

・主催者が「どれぐらいで巡航できる?」という事前確認をしてくれる方

どれぐらいのペースで走れるかを聞かないとグループライドを成功させることはできないですからね。

主催者が考えているスケジュールを遂行できるだけの走力がないとわかっている人を連れていっても、他の参加者は「あれ?こんなペースで走るの??」と思うでしょうし、本人も「みんなに迷惑かけてる、すいませんすいません」でライドを楽しむことができません。(急な体調悪化とかハンガーノックは別ですよ)

わたしも1年前ぐらいに苦い思い出があります(^_^;)

ペースを確認してこないということは、問答無用で主催者側のルート、ペースに付き合わされるということです。

ちょっと走れる方だったりすると、地獄絵図が待っています\(^o^)/\(^o^)/

次、その3。

・スピードに関する具体的な数字が明記されている。

これが1番安心かもしれません。

数字で見える化は世の流れですしね(笑)

ただ、「30km/hぐらいでの走行を想定しています。」みたいな書き方は注意したほうがいいかもしれません。

なぜか?

これ、巡航30km/hなのか、平均30km/hなのかがわからないんですね。

上記2つのスピード感、まったく違いますよ。

私の考える定義は以下の通り。

・巡航
信号で止まっている状態からスタートし、このペースで走り続けようとスピードの変動がもっとも小さくなったときの時速。

・平均
平均移動速度。

信号で止まっている時間や休憩時間を除いた走行時間の平均速度。

概ね、巡航速度の-5km/hぐらいになることが多いと思います。

ごく稀に、グロス(スタートからゴールまでの実時間)で算出した平均速度のことを指していることもあるかもしれませんが、そんな平均30km/hは、NO休憩、NOライフな逝ってこいライドになります(笑)

ということで、ちょっとした罠回避テクニックをご紹介しました。

これからグループライド初体験なあなたも!!

グループライド主催側のあなたにもっ!!

参考になればうれしいです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする