速くなるために必要なこと 【痛みに負けるな編 その3】

先週末におバカなライドをしたために風邪で倒れてますAKIRAです、こんにちは。

みなさんも真夜中に六甲山中に行くようなマネはやめましょう(笑)

さて、痛みとたたかうシリーズの続きにいきましょうか。

今回は、「腰」と「足の裏」です。

この2つの痛み、現在も戦闘中です\(^o^)/

この前のミッドナイトエンデューロで3時間を過ぎたあたり、ペースアップした頃から結構な痛みが出ました。

住友輪業さんに「腰がいてぇんですけど!!」って愚痴ったら、「踏みすぎですわ!!」ってかえってきました。

そう、原因は「踏みすぎ」

足の裏も同じ理由だと思います。

あっ、踏みすぎっていうのは、3時以降で踏み込み過ぎてるという意味ですよ。

足の裏の痛みは、クリート位置が前過ぎるとか靴の締め付けが強過ぎるというのもあるかもしれません。

実は靴のサイズが合ってないなんてことも(^_^;)

しっかり締めてるのに靴のつま先側に空間ができるようなら、ワンサイズ小さい靴を試してみるのもいいかもしれません。

私は間違いなくワンサイズ大きいのを履いてると思います(´;ω;`)

バックル、最後まで締めあげてなんとかって感じなので_(:3 」∠)_

クリート位置も難しいですよね。

前後左右に角度という要素があるので、なかなかいいところが見つからない。

私の判断基準は、真っ直ぐに立ち、身体を少し前傾させた時に体重がのる場所にクリートがあるように調整しています。

拇指球の上とよく言われますが、そのほんの少しかかと側ぐらいですかね。

シマノのクリートでの話ですが、普通に地面に立っているときに、ふくらはぎなどが変に緊張していないかも確認しています。

ペダリングは膝から下は脱力するものですからね。(意識としてですよ)

立っているだけで変な力が入るようではイカンです。

ふくらはぎが筋肉痛になる方は、ペダリングが間違ってますよ~

足の裏の痛みとは関係ない話にまた脱線した(笑)

あと、サイクリング専用靴下を履くのは有効だと思います。

1番負荷のかかる箇所をサポートするようなつくりになっているので、少々お高いですが、試してみてもいいかも。

「腰」は最近になって表れた痛みでして、私もさっぱりメカニズムがわかっていません。

踏みすぎることとの因果関係もこれから調べようかという状況です。

いまの見解としては、前傾の維持、腹圧によるペダリングあたりが関係しているのかなと考えています。

後者+ペダリング5時あたりでの踏み込み過ぎっぽい気がしていますが…

まったりロングライドでは腰の痛みは出ないので、レースペースで走った時だけの話かもですね。

次回は、おおとり、「ケツ」の痛みについて書こうかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする