【CATEYE】ロードバイクのライトはこれ1つで十分!!バッテリー交換可能、明るい定番ライトVOLT800をインプレ

早朝練、夜練が主体なロードバイク乗りはもちろんのこと、日が落ちるのが早くなる冬季にロングライドをした帰りに暗い夜道を走ること、ありますよね。

いざという時のために、フロントライトは必須装備です。

(バックライトもですよ。)

さまざまな種類のライトが販売されていますが、有名処といえばCATEYE(キャットアイ)

そのCATEYEの定番ライト、VOLT800が海外通販のWiggleで破格値で売られているので、ご紹介。

スポンサーリンク

ライト選びのポイントは、明るさ、照射角の広さ、バッテリーの持ち、コンパクトさ

ロードバイクは30km/h以上のスピードが出るという特性上、かなりの明るさと照射角の広さが備わっているライトを使用しないと視界の確保、安全の担保ができません。

2,000円~3,000円台で購入可能なライトでは不十分です。

まずは、明るさと照射角について。

400ルーメン以上の明るさは欲しい

街灯の多い街中でしたら、300ルーメンあれば十分ですが、少し街中を離れると400ルーメンはないと怖さを感じます。

山中を走るのであれば、400ルーメンでも怖いかもしれません・・・

昔、深夜3時に六甲山を走った時は、Moonの500ルーメンのライトを全開にしてダウンヒルをした際、非常に怖い思いをした記憶があります。

ですので、夜間走行の多い方は800ルーメンクラスのライトを購入されることをおすすめします。

ライトを選ぶ際のルーメン表示に関する注意点

1点、ライトを選ぶ際に気を付けないといけないのが、〇〇〇ルーメンの数値だけで選ぶと痛い目にあう可能性があるということ。

安物の中華ライトにありがちなのですが、「300ルーメンで明るい!!」と謳っていても、照射角を絞り込みまくり、周囲を全く照らせていない状態の明るさが300ルーメンだとする商品が存在するのです。

光を一点に集約しているのですから、照射されている範囲は確かに明るい。

しかし、広く照らせているわけではないため、実用性に欠け、まったく使えません。

私も、ロードバイクに乗り始めたころは、2,000円ぐらいで300ルーメンという中華ライトを使っていました。

夜練を共にする仲間から、「よくそんなライトで走れるね。怖くないの??」と言われた記憶があります。

仲間が使っていたのは、500ルーメンのMoonのライトや400ルーメンのCATEYEのライトでした。

もうね、光が届く範囲、照らしてくれる範囲が段違いでしたよ。

明らかに私の中華ライトより明るく感じる。

100ルーメンしか差がないのに、強烈なライトに見えましたね、あの時は。

私のライトがしょぼかっただけなんですけど(笑)

ちなみに私がその時に使っていたのは、ジェントス閃325というライトです。

みなさんは、絶対に購入しないように!!

安物買いの銭失いになりますよ。

銭を失うだけならいいのですが、命を失うかもしれない

当記事でおすすめする、VOLT800は明るさ、照射角ともに抜群の逸品です。

実際にどれぐらい夜道を照らしてくれるのかを動画にしてみました。

最初から800ルーメン→350ルーメン→150ルーメン→ハイパーコンスタント(800ルーメンと150ルーメンの点滅)→フラッシュ(150ルーメンの点滅)の順です。

800ルーメンの明るさは強烈ですね。

自動車のHIDクラスの明るさがあると思います。

これであれば、街灯の少ない場所を走っても安心ですね。

気を付けなければならないのは、対向車への配慮。

明るすぎるゆえに、上向きにしすぎると対向車のドライバーが眩しく感じてしまいます。

自動車でいうところのハイビームで走っているような状態。

これでは、安全のために明るいライトを使っているのに、逆に危険な状況を作り出してしまうかもしれません。

角度は、少し下向きに設定した方がよいと思います。

バッテリーは、350ルーメンで3.5時間程度まで

350ルーメンのモードでも、3.5時間ぐらいしか持ちません。

早朝練、夜練レベルであれば十分な気もしますが・・・

ちなみに他のモードでのバッテリー持ち時間は下の写真通りです。

800ルーメンだと2時間しかもちません。

他社も同じようなものだと思いますが・・・

ブルべへの参加に使用するような場合は、間違いなくバッテリーがもたないということです。

そこで、VOLT800の特徴の1つ。

予備バッテリーへの交換が容易であることがメリットになってきます。

交換方法は以下の写真の通り。

本体を回すだけという簡単さ。

私が使っているMoonのライトではこれができないんですよね。

これは、VOLT800の大きなセールスポイントだと思います。

予備バッテリーは、3,500円ぐらいで購入可能。

さらに、別売のクレードルを合わせて持っていれば、予備バッテリーを他の機器、例えば、スマホであったり、サイコンであったり、Di2の充電に使用することができます。

フルセットで所持しておくと、バッテリー残量関係のトラブルに柔軟に対応できるのはメリットですね。

※マコトさん、情報提供ありがとうございます。

重量は、140gと軽量かつコンパクト

Moonの600ルーメンのライトも所有しているのですが、VOLT800の方が圧倒的に軽いしコンパクトです。

光量に対する重さ、コンパクトさは非常に優秀。

ハンドル周りに装備するものですから、軽くてコンパクトであることは重要ですね。

ハンドルへの取付が簡単。エアロハンドルにも取付できる柔軟性の高さは秀逸

VOLTシリーズのアタッチメントは、どのような形状のハンドルにも取付できるのがよいですね。

左がMoonのアタッチメント、右がVOLT800のアタッチメントです。

見て分かると思いますが、VOLT800のアタッチメントは、ハンドルに通すバンド部分の柔軟性が高いです。

Moonのアタッチメントは普通のハンドルだけを想定している形状のようで、エアロハンドルには取付できません。

また、ネジで固定するので、ネジ穴がある場所でしか締めることができないです。

VOLT800のアタッチメントは、バンドを通してダイヤルで締める方式。

この自由度の高さは魅力ですね。

海外通販、Wiggleで大特価セール中!!

Cateye – Volt (ボルト) 800 RC フロントライト

定価で16,000円のVOLT800、7,801円という超特価で購入可能です。

配送料も関税もかからないジャストなお値段。

ブラックフライデーとはなんだったのか?

日本での最安値は10,500円ぐらいなので、かなりお買い得。

中華ライトでしのいでいるという方、300ルーメンクラスのライトを使っているという方は、この機会にVOLT800を購入して夜間走行の安全性を高めてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. マコト より:

    予備バッテリーはアダプター持ってると、携帯やDi2の予備バッテリーとしても使えますよ!この前、奥さんにお貸ししたのがそうです。

    • AKIRA より:

      マコトさん、コメントありがとうございます。
      早速、記事に反映させていただきました\(^o^)/

      それと、先日の欲張りファンライドで奥さんの面倒を見ていただき、バッテリーまでお貸しいただいたようでありがとうございました♪

  2. ずー・たに より:

    最近ライトにハマっているので、ブログにてワタクシ目線で(いつか)書こうと思っていたのですが、考え方がまったく違っていて面白いです!

    ワタクシは、3000円台までの18650使用ライトを2灯体制が良さげだと感じ始めてますねー。

    そう言いつつも。
    夜通しライドではなく、予備電池を持たないでよい、数時間のナイトライドでしたらVOLT800を1灯が万能だと感じます。

    ところで。
    VOLT800、ルーメンと時間が変わってますね!
    ワタクシの所有のものは、800(2h)・400(3.5h)・200(8h)になってます。

    • AKIRA より:

      ずー・たにさん、(いつか)書こうとしているブログ、お待ちしています(笑)
      お噂によると、1000ルーメンを超える強烈なライトも購入されたとか・・・

      18650ライトというのも初めて耳にしたことばです。
      インプレ記事に期待♪

      VOLT800について調べていて、もしやと思っていたのですが、日本製と海外製では仕様が違うんですね、やっぱり。
      日本製の方がいい感じ!!