自転車通勤の大敵、臭いが気になるので高級インナーを買ってみた

インナーと表記すると、チェーンリングの小さい方を思い浮かべる方もいるんですかね。

ベースレイヤーと表記した方がいいのでしょうか。

それともドライレイヤー?

パンツがパンツだったり、ズボンだったりする、呼び方がややこしいシリーズですね。

私の財政状況は逼迫しているのが常でして、安く済ませれるところは安くが信条なのですが、それを破り、高級インナーを購入してみました。

高い商品にはそれなりの理由がある!!

スポンサーリンク

じてつーが、暑い・べたつく・臭いの三重苦・・・

私、神戸市の長田から三宮までの8kmほどを30分かけて自転車通勤しているのですが、このわずか30分で滝のような汗をかくわけです。

インナーもジャージもびちょびちょ・・・

駐輪場でスーツに着替えてから大阪まで出勤するわけですが、インナーもジャージもロッカーに放り込んでいくわけです。

仕事をして駐輪場まで戻ってきて、「さぁ、着替えようか」とロッカーを開けると泣きそうになるんですよ。

悪臭過ぎて

しかも、インナーもジャージも乾いてないんですよね、21時を過ぎても・・・

不快だわ、臭いわで、テンションだだ下がりの中、帰宅するわけです。

もう耐えられんということで、高級インナーをお試ししてみようという流れ。

そもそも、高級インナーに変えることで、状況が改善するかもと思った理由は、冬場に着ているモンベルのジオラインがめちゃくちゃ良かったから。

このインナー、本当にすぐ乾くし、臭いがしなくて優秀すぎ。

あったかいし。

ですので、夏物についても専用のインナーを導入すれば、状況が改善するのでは?となったわけです。

ちなみに、以前は中華の安物ジャージ、ビブショーツのセットとスポーツデポで購入したiCOOLというIGNIOのインナーシャツを着ていました。


イグニオ(IGNIO) 〔iCOOL〕スゴ涼感 メンズ 半袖 インナーシャツ (IG-9C13004UT)

吸汗速乾、消臭機能のある「デオドランテープ」を使用って謳ってるけど、全然そんな感じしないんですよね・・・

まったく乾いてないですし。

臭いについては、消臭機能すらない中華ジャージよりはマシといった程度。

980円ぐらいの商品なので、期待しすぎるのは酷なのかな・・・

ということで、

パールイズミ クールフィットドライ ノースリーブ を購入

このメッシュ感たっぷりのインナーを購入しました。

岡国のミッドナイトエンデューロの時に着たかったので、私はウエパー梅田で購入しました。

税別3400円なり。

いままで着ていたインナーが1000円と思うと十分に高級です・・・

乳首すっけすけです(笑)

サイクルジャージがそのまま肌に触れても気にしない方、ビブショーツの肩紐が擦れたりしない方は、そもそも不要なんでしょうけどね。

夏用インナーに求める機能とは?

1.すぐに乾くこと(速乾性)

2.涼しく、べとつかないこと(快適性)

3.臭いが抑えられること(抗菌効果、制菌効果)

この3つは最低限必要かと思います。

私が安物インナーで不快に思っていたことが解決できればいいわけです。

すぐに乾く(速乾性)

夏場のインナーの肝ですね。

いつまでも湿り気たっぷりのインナーを着ながらのライドは、不愉快極まりない。

そして、我らロードバイク乗りの敵、「汗冷え」の原因にもなります。

汗は、ライド中の身体を冷やしたい時に気化し、休憩中やライド後の冷やしたくない時はすでに気化し終わっているというのが理想ですよね。

パールイズミのクールフィットドライ、乾くのが鬼早いです!!

いつも駐輪場にある業務用扇風機を最強にして、5分ほどインナーに当てて乾かしているのですが、安物インナーはまったく乾かないのに対し、クールフィットドライは3分もあれば乾きます。

縫製部分などのメッシュ加工できない箇所については、湿り気が残るんですけど・・・

全域メッシュ加工というのがポイントなんでしょうね。

涼しく、べとつかない(快適性)

走り出してすぐに感じることなのですが、抜群に通気性がいいです。

安物インナーは空気が通らず、こもる感じなのですが、クールフィットドライはす~す~です。

通気するので、体温を下げることに大きく寄与していると思います。

体温が上がると心拍が上がったり、大量に汗をかいたりと無駄な体力を使いますので、レースにおいてのパフォーマンスにも大きく影響するのではないでしょうか。

高いパーツを購入するよりも、パフォーマンスがよくなるかも!?

臭いが抑えられる(抗菌防臭加工、制菌加工)

私が1番改善したかったポイントです。

結果から言うと、悪臭はかなり抑えられるようになりました。

「悪臭がまったくしなくなりました!!」と言えればよかったのですが、さすがにそこまでの効果はなかったですね。

パールイズミのサイトでも書かれているのですが、あくまで抗菌までの対応なんです。

抗菌より効果の高い制菌という製品もあります。

抗菌と制菌の違いですが、

抗菌:表面上の細菌の増殖を抑制すること。菌が増えることを抑えるが、増えてしまう。

制菌:微生物の活動を停止又は低下させ、増殖を抑制すること。菌が減る。

菌が増えると減るでは大違いですよね。

この制菌を謳っているのが、モンベルのジオラインシリーズです。

当記事を書く前に、実際に購入して試してみたかったのですが、ノースリーブタイプのMサイズが完売状態でした・・・

しかも、2017年シーズンの追加生産は行わないとのこと。

現時点で、手に入らない逸品になってしまいました\(^o^)/

サイズ違いはちらほら見かけましたけどね。

ジオラインのクールメッシュ、2000円少々とお安いのも魅力。

ぜひ手に入れたかったのですが、2018年までお預けです。

パールイズミも制菌加工にしてくれないかな~

1度は試してみたい OUTWET (アウトウエット)

私の大好きなペテル・サガンが愛用している超高級インナーです。

定価で8500円!!

中華ジャージの上下セットより高いインナーってなに?(笑)

サンボルトのオーダージャージ、1着分ぐらいのお値段ですね。

サイズという概念はなく、伸びる素材でできているため、ワンサイズ展開なのだそう。

しかも、暑いときは涼しく、寒いときは暖かくなるらしいです。

ちょっと言っている意味が分からないレベルなのですが、そんな夢のようなインナーなんですって。

これは、1度は試してみたい!!

amazonがたまに出すスポーツ用品20%OFFクーポンの対象になることが多いみたいなので、次のチャンスには、清水の舞台から飛び降り自殺レベルの気持ちでポチってみたいと思います。

ファイントラックのパワーメッシュ、スキンメッシュも試したい

定価で5600円です。

そろそろ金銭感覚がマヒしてきたころではないでしょうか。

「ちょっと買ってみてもいいかも」とか思ってしまいそうで怖い。

こちらは、私の住んでいる神戸に会社をかまえる、株式会社finetrackが出している高級インナーです。

パワーメッシュの評判もいいんですよね、口コミとかで。

こちらも実際に試したわけではないので、詳しいことを書けるわけではないのですが、かなりよさげ。

これは、いますぐでも購入してみようかな・・・

まとめ

パールイズミのクールメッシュドライを購入して、通勤はおろかレースにおいても快適になりました。

やはり、高い商品にはそれ相応の理由があります。

快適なライド、高いパフォーマンスを手に入れたいのなら、1度、試してみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村

コメント

  1. カエルネコ より:

    AKIRAさん
    こんにちは!

    普段、私はインナーは着用しないまま夏ジャージを着てますが
    着たほうがよさそうな感じですね。
    どうしようか迷っていたところでした。

    • AKIRA より:

      カエルネコさん、こんばんは!

      私は、インナーを着ないと気持ち悪い派なのでマストで着てます。
      ビブを履かれるなら、インナーありの方がいいと個人的には思います。
      1度、試されてみる価値はあるのでは!?

      ちなみに、冬場はモンベルのジオライン ライトウェイトがおすすめですよ~

  2. Hassy より:

    先生こんにちは(・∀・)

    ロッカー入れてると臭くなりますよねぇ…
    私は、入れる前にファブリーズ的なやつをシュッシュ…で誤魔化してますw
    真夏は帰りも着替えで2枚使ってますけど。

    ファブリーズより、L’air De SAVONてのが好きですけど高いので、今はLAVONS使ってます。

    ヘルメットにも使えるし、ロッカーに置いとくだけなので楽チンですよー٩( ‘ω’ )و

    • AKIRA より:

      返信が遅くなり申し訳ないです!!

      あの駐輪場、密室状態ですし、ロッカーの中は地獄絵図状態ですよね(^_^;)
      私もリセッシュでごまかそうとしたのですが、まったく効かないやん!!と思ってあきらめてしまいました。
      着替えを持っていくのが1番の対応策かもしれませんね。
      うちの奥さんに怒られてしまいそうですが(^_^;)

      LAVONS、チェックしてみます!!