住友輪業プレゼンツ 第1回欲張りファンライド クロレンジャイ最後の聖戦 ~ 第3話 ~

前回からの続きです。

第1話、第2話を読まれていない方は、こちらからどうぞ。

住友輪業プレゼンツ 第1回欲張りファンライド クロレンジャイ最後の聖戦 ~ 第1話 ~

住友輪業プレゼンツ 第1回欲張りファンライド クロレンジャイ最後の聖戦 ~ 第2話 ~

スポンサーリンク

目玉は、岩谷峠ヒルクライム(箕谷側)!!

私ね、本当にこの峠が苦手なんですよ。

4km、平均勾配6%ですか。

途中、下る部分はないので、正真正銘の平均勾配6%。

ヒルクライムはどこも苦手ではあるんですけど、表六甲と岩谷峠、どっちが嫌い?と聞かれたら、即答で「岩谷!!」と言うぐらい苦手。

なんかね、「真綿で首を絞める系」のヒルクラポイントなんですよね・・・

タイムを狙うならって話ですけど。

ただ登るだけなら、インナーローで回してれば、頂上に着きます(笑)

タイムを狙うなら、途中で悪魔がささやきかけてくる「もうがんばらなくてもいいんじゃないかな、進むし」という呪いの詞と闘わなくてはいけない感じ。

ええ、今回はまったく闘いませんでしたけど、なにか?

タイムを見たら一目瞭然。

ベストが17分10秒なんですけど、今回は19分59秒\(^o^)/

みなさまの撮影班として、がんばらせていただきました。

普通にしんどかったんだけど、実は・・・

序盤は、ダイズさんの三味線を楽しみながら、途中、謎のがんばり&失速で魅せたばなめいさんから事情聴取ものの話を聞きつつ、登りきったんですけどね。

岩谷峠での1番のサプライズは、奥さんのガチヒルクライムの速さ

途中でするする~っと集団から抜け出していきよるなと思いつつ見ていたのですが、数分後には姿が見えず( ´・д・)えっ

後からタイムを聞くと、私のベストから5秒落ちだったみたい・・・

レーシング3を履いて、シャマル履いて出した私のベストタイムに肉薄するとか、マジか∑(゚Д゚; )

最近、距離を乗ってない私、ガチで勝負しても負けてた気がするブル(((_(‘ω’;」∠)))ブル

正直、驚きました。

ヒルクライムも練習しとかないとやヴぁい\(^o^)/

「こんな序盤で脚を使い切る勢いでヒルクライムするとか正気か!?」と思ったのはここだけの話。

という、岩谷峠ヒルクライムの走行動画はこちら。

ダイズさんの余力満々の三味線ヒルクライムが満喫できます(笑)

岩谷峠ダウンヒル(淡河側)は傾斜がきついので要注意!!

岩谷峠が苦手なもう1つの理由は、淡河方面にダウンヒルをするとなると、傾斜がきついので少々怖いということ。

また、途中に角度がきつめの複合コーナーが存在するのも気を付けるべきポイントですね。

ちょうど、その複合コーナーのところが傾斜のきつい部分なので、オーバースピード気味に突っ込んでしまうとごまかしがきかなくなるんですよね・・・

コースを知らない方は、絶対にスピードを出さないことです。

まぁ、ここはサクッとクリアしておきました。

淡河と言えば、満月堂の豊助饅頭♪

岩谷峠ダウンヒルをクリアし、1つ目の信号の交差点に道の駅淡河があり、その東側には名物「豊助饅頭」で有名な満月堂の店舗があります。

お恥ずかしながら、満月堂は道の駅淡河の中にあると思ってました(^_^;)

店舗として、別の場所にあるの知らんかった・・・

うちの奥さんに至っては、豊助饅頭のことを「ほうらくまんじゅう」と勘違いしてましたけどね\(^o^)/

こちらが看板商品の豊助饅頭。

こしあんで、ほとんどがあんでできている感じ。

岩谷峠ヒルクライムの後に食べたら、この甘さがたまらなく響きます。

(Photo by 奥さん☆ヒルクライム開眼中)

奥さんは、豊助饅頭だけでは満足できずに、和風プリンと最中も手に持っておりました(笑)

(Photo by 奥さん☆ヒルクライム開眼中)

和風プリンは、下層に白あん(?)を使っためちゃうまの逸品。

手作り最中は、その場で自分でつぶあんを最中にはさんでいただくスタイル。

(Photo by 奥さん☆ヒルクライム開眼中)

最中がさくさくでうまいんだな、これが!!

岩谷峠を制した後は、豊助饅頭に寄って、甘味を楽しむのがよろしいですね。

満月堂さんで過補給になった分は、メインディッシュの前に消化しておかないとね。

ということで、次回は高速巡航でがんばっちゃうの巻~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村