【Fire TV Stick】AmazonがGoogleによるYouTubeの視聴制限を回避へ!!FireFox For Fire TVの提供を開始

2017年12月5日にGoogleが発表した、2018年1月1日からFire TVおよびFire TV Stick上でYouTubeアプリを使用できなくするという話。

 

結論から言うと、AmazonがブラウザでYouTubeを簡単に使用できるように対応したということで、以前と変わらずという結果になりました。

 

超企業同士の子供の喧嘩は、大人の対応で決着がつかなかった模様。

 

GoogleもAmazonのブラックフライデーセール直前に、上記のYouTubeアプリの使用制限を発表するというなかなかえげつないことをしたわけですが、Amazonはしっかりと対策を講じてきましたね。

 

以前からWebブラウザを介せば、YouTubeの視聴は可能だろうということが囁かれていました。

 

しかし、Fire TVおよびFire TV Stick上で使用できるWebブラウザは、Amazonが開発したSilkのみという状況。

 

そこでAmazonは、フリーのオープンソースブラウザ、FireFoxをFire TVとFire TV Stick上で使用できるようにしました。

 

 

推奨ガイダンスの1番目立つところに表示されています。

 

そして、アプリの説明の冒頭がこの文面。

 

Watch videos from YouTube and other popular sites

 

YouTubeが見れることを全面押し(笑)

 

あからさま過ぎて笑えるんですが、ストレートな表現が海外らしいと言えば海外らしい。

 

ということで、2018年1月1日以降も問題なくYouTubeが視聴できますので、ご安心を。

 

FireFox For Fire TVの使用感

 

ちなみにFireFox For Fire TVをインストールし、画面を表示してみたのですが、YouTubeへのリンクボタンが1番目立つ場所に表示されます。

 

 

YouTubeのボタンをクリックすると、YouTubeアプリとほぼ同じ画面が表示されました。

 

 

操作性はほぼ一緒

 

細かいところで異なる部分はあるかもしれません。

 

右下に見えているS検索やGガイドボタンはYouTubeアプリにはなかったですし。

 

ちなみに、スマホのYouTubeアプリとの連携機能も使えました。

 

他のアプリもブラウジングできるようになって、サービス向上したんじゃなかろうかとさえ思います。

 

2018年1月1日時点では、YouTubeアプリの起動用アイコンが復活し、それを選択するとSilkかFireFoxかの選択画面が表示されるようになっています。

 

 

Fire Foxを選択すると、上記のようにYouTubeがほぼ操作性変わらずで起動できます。

 

最後に

 

YouTubeが見れなくなるということで、Fire TVやFire TV Stickの購入を保留していた方は、問題なく視聴可能ということがはっきりしましたので、安心して購入しましょう。

 

私が2017年に購入した物の中で、もっともコスパが高かったアイテムです。

 

関連記事:【TV革命】Amazon Fire TV Stick がコスパ高すぎ!新TV時代をいち早く体験しよう!!

 

コメント