【ロードバイク】話題の冬用インナー、おたふく手袋のBODY TOUGHNESS WIND SMASH Ⅱをインプレ

ロードバイククラスタ内で話題となっているおたふく手袋さん。

「コスパがすごい!!」というレビューをよく見かけたので、私もBODY TOUGHNESS WIND SMASH Ⅱを購入し、自転車通勤で使用してみました。

先に私が出した結論を書きますが、ロードバイク向きではありません。

誤解しないでいただきたいのは、BODY TOUGHNESS WIND SMASH Ⅱという商品が悪いと言ってるわけではないという点です。

そもそも、商品のコンセプトが大量の汗をかくスポーツでの使用を前提としていないであろうことと、おたふく手袋さんの企業理念である「ワークグッズ関連の高付加価値商品を提供を目指す」というところから、「ロードバイク用のインナーウェアとしてインプレしていいものか?」という疑問すら浮かび上がり、当記事をアップするのもためらわれたぐらいです。

作業服の中に着るインナーウェアとしては、風を通さず温かく、うっすらとかく汗程度であれば汗冷えを起こさない程度に散らしてくれる優秀な商品であろうという感じはしました。

(私は1日中PCと格闘する仕事をしていますので、あくまでも想像ですが・・・)

実際、温かかったですし。

ただ、ロードバイク用インナーとして活用しようという流れが見受けられるので、当記事のようなインプレも必要なのかなと思い、アップしました。

という前置きをもって、以下のインプレを読み進めていただければと思います。

スポンサーリンク

BODY TOUGHNESS WIND SMASH Ⅱの概要

防風機能とストレッチ機能を有するコンプレッションインナーという位置づけのようです。

また、首回りと脇部分に消臭効果のある素材を使用しているとのこと。

防風部分は、前面および背面のほとんどが対象範囲となり、首回り、腕、側面はストレッチ素材を使用しているという内容。

ストレッチ防風、微細裏起毛、BTパワーストレッチ、吸汗速乾、スピード消臭を売りにしているようですね。

ただ、注意書きとして速乾機能は防風ラミネート部分にはないとの記載があります。

これが、ロードバイク乗りには向かない最大の要因になります。

速乾機能がない防風ラミネート部分は、前面と背面のほぼ全域

概要に書きましたが、防風ラミネート部分は前面と背面のほぼ全域に渡ります。

テカってる部分がラミネート部分ですね。

逆に言うと、速乾機能を有する箇所は、首回り、腕、側面ぐらいにしかないということです。

私は、気温1℃の中の自転車通勤であっても大量の汗をかくぐらいの強度で走ります。

腹も背中も汗が流れ落ちるほどです。

その箇所に速乾機能がないのは致命傷。

ドライレイヤーとして、ファイントラックのパワーメッシュを中に着てみたりもしましたが、肌から追い出した汗がすべて中に返ってきてしまうので、まったく意味をなしません。

打つ手なし。

汗冷え確定です。

また、自転車通勤においては、帰路で同じインナーを着て帰らないといけません。

1日、ロッカーに置いておくことになるわけですが、7時30分から21時30分まで置いても乾いていませんでした。

これは、防風ラミネート部分は当然ですが、腕もジトっと湿っぽい感じが残っていました。

仕事を終え、やっと帰れるという時に、不快感を感じるのはちょっと悲しい・・・

私が試してきた高機能インナーウェア、アウトウェットLP1やモンベルジオラインL.W、Pearl Izumiクールフィットドライなどは、1日置いておけば乾くんですよね。

吸汗速乾機能にフォーカスすると、見劣りするのは間違いないです。

もちろん、ヒートテックやエアリズムのような汗をかいたら肌に張り付く系のインナーウェアに比べればマシですけど・・・

温かさは文句なし

裏起毛生地なので、乾いた状態での着心地はよく、温かいです。

また、防風機能が風をシャットアウトしてくれます。

ロードバイク乗りは、ウィンドブレークジャケットをアウターに着るので、あまり意味はないわけですが・・・

作業着を着て、その上にジャケットなどを着れないような事情のある作業員の方向けの商品なのかな?と思ったり。

ストレッチ素材を使用しているので、前傾をとっても違和感なし

ストレッチ素材を使ったコンプレッションインナーですので、前傾姿勢になっても苦しくなく追従してくれます。

こちらも問題なし。

消臭機能は期待しすぎない方が・・・

そもそもですが、速乾性が乏しいので、湿気の多い状態が継続することとなり、臭いはきつくなります。

臭いの原因は菌の繁殖ですので、乾いていない衣類は抗いようがないですね。

消臭効果のある素材を使っている箇所が限定的であるのも大量に汗をかくスポーツには向いていない要因だと思います。

首回りと脇だけというのは、うっすらと汗をかくレベルを想定していることの裏返しではないでしょうか。

関連記事:自転車通勤の大敵、臭いが気になるので高級インナーを買ってみた

話題のコスパは・・・

2,200円か・・・

そもそも、ロードバイク向けじゃないと考えているので、安くても買わないかな・・・

まったく汗をかかない強度でサイクリングをするためのインナーと考えればありなのかもしれません。

汗をかかないことが前提なんだったら、ヒートテックでもいいんじゃ?という気もしますが・・・

まとめ

冒頭にも書きましたが、ロードバイク用インナーとしては向いていないと思います。

畑違いのところに担ぎ出されたような感じがしますね。

おたふく手袋さんも、「そんなつもりで作ってないからやんや言われても・・・」といったところではないかと思います。

他にこちらの商品のインプレもよく見かけます。

1,000円と安価なので、試してみようかな。

関連記事:【レイヤリング】寒い冬の最強インナーはこれ!!パワーメッシュ+ジオラインL.W

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. より:

    仕事着としてはおたふくインナー最強です。
    この夏使いましたが消臭効果はかなりすごかったですね。
    エアリズムよりも臭いしません。

    この保温インナーは夜練限定では着ますね。
    終わったら車で即着替えるの前提ですが。

    仕事終わりにそのまま金太郎とアウター着て夜練するからですけど、ぬくいですしストレッチ性が良いのでストレスなしです。

    試した事はないですが、ファイントラックやアウトウェットのドライインナーをアンダーウェアで併用すれば、汗戻りによる汗冷えもし難いかもしれません。

    速乾性は優秀ですよ。
    洗濯後、着てれば10分もせんうちに体温で乾きますし

    • AKIRA より:

      やはり仕事着として優秀なんですね、おたふくインナー。
      よく考えられて作られている感じはしました。
      防風インナーは合わなかったですけど、みなさんが絶賛している普通のインナーはいいのかもしれないですね。
      早速、購入してみたいと思います。
      安いから試しやすい\(^o^)/