いよいよ新車購入を検討しないといけない時期がやってきたのかもしれない・・・

私の愛車、cinelli Experienceも乗り始めて4年半。

 

いよいよ、さまざまな箇所に不具合の兆候が見え始めまして・・・

 

メンテナンスで対応するのも潮時かな?などと感じている今日この頃。

 

直近では、右シフターの105と書かれているシルバーのキャップみたいなのが、ブレーキング中に吹っ飛ぶという事案が発生。

 

このキャップは、内部機構の保護のためだけにあるものと聞いたことがあるので、すぐに支障が出るわけではないと思いますが、走行中に運悪く飛び石が内部にヒットして不具合が起こらないとも限らないのかなとか少々不安・・・

 

おそらくフレーム自体もヘタってきてたりするんじゃないかなと思ったり。

 

実感はないんですけどねw

 

ずっとExperienceしか乗っていないですし、完成車で購入した頃からホイールもタイヤもハンドルもステムも変わっているので、購入当初との比較は難しすぎます。

 

あと、いまだに10速105というのも数年後のメンテナンスを考えるとコスパが悪くなってくるのではないかというのもあるんですよね~

 

そんなこんなで、新車購入を検討してみようと思います。

 

自分の頭の中の整理も兼ねてw

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フレームは、アルミ?カーボン??それともクロモリ!?

 

新車購入の際に、1番最初に決めないといけないのがフレームの材質ですよね。

 

今乗っているExperienceは、エントリーアルミと謂われる初心者用フレーム。

 

コロンバス社製のアルミフレームで、モノはいいらしいです。

 

不満はなし。

 

なぜなら、カーボンバイクやハイエンドバイクにじっくりと乗ったことがないので性能差を知らないからwww

 

試乗会などでDOGMA F10やYONEXのカーボンロードなどに乗せてもらったことがありますけど、Experienceとそこまで大差あるのか?と問われたら、ないんじゃない??と答えてしまいそうな感じだったんですよね。

 

旧ブログにそれらしいインプレ記事を書いたこともありましたが、DOGMA F10なんて本当に差を感じなかったですから。

 

 

おそらく、平均速度が1km/hほど上がる程度の性能差は存在しているんだと思います。

 

しかし、それがコンポの差なのか、ホイールの差なのか、はたまたタイヤの差なのか、本当にフレームの性能差によるものなのかという点が分かりづらい・・・

 

しかも、まったく同じポジションで乗れるわけではないので、なおさら分かりづらいという難解さ。

 

試乗会って、参考になるものなんでしょうか?←リアルに疑問(;´・ω・)

 

その割には、ロードバイクの中で最も高価なパーツのため、コスパを最重要事項としている私にとっては、優先度が最も低いという。

 

レースに参戦し、結果を求める方であれば喉から手が出るほど欲しい車体ということになるんでしょうけど、私のロードバイクの楽しみ方は、自分の成長を感じれるかという点にあるので、速い車体である必要がないように感じているのが現状。

 

となると、1番安価に済むアルミフレームで十分かな?というのが、現時点での考えです。

 

カーボンロードは、ちょっとしたミスで倒してしまっただけで、運が悪ければ割れて使い物にならなくなるというのもマイナス点。

 

ロードバイク仲間にその話をすると、「よほどのことがない限り、アルミと変わらないですよ~」と言われるんですけどねw

 

実際、カーボンが割れることって稀なんでしょうけど、資金難の私にとっては、カーボンが割れるリスクを考えながら乗っているとストレスが溜まりそうというのもあります。

 

クロモリは、あまり情報を持っていないのでなんとも・・・

 

「乗り心地がいい」「味のある乗り味で楽しめる」など、いい情報しか聞かないので気にはなったのですが、「見た目が好みじゃない」という私の嗜好の問題で選択肢には入らない感じかな・・・

 

クロモリがいい・わるいの話ではなくて、言ってみれば性癖みたいなものですので、クロモリ乗りの方はご容赦くださいねm(__)m

 

ということで、次のロードバイクもアルミフレームが有力です。

 

ディスクブレーキか?リムブレーキか??

 

リムブレーキからディスクブレーキへの移行期真っただ中ですよね、今って。

 

3年後には、ディスクブレーキ全盛時代に突入しているのでないかというのが、私の予想です。

 

周囲のロードバイク乗りの7割がディスクブレーキになっているんじゃないかと予想。

 

業界が、ディスクブレーキを広めるための啓蒙活動を加速させていますしね。

 

グランツールのようなプロの世界でもディスクブレーキの比率がかなり上がっていますし。

 

リムブレーキモデルが減っていく流れです。

 

そんな中ですので、素直にディスクブレーキを採用するのがよいのかもしれません。

 

が、しかしw

 

私は、リムブレーキモデルを狙おうと考えています。

 

ディスクブレーキに移行するメリットを捻りだしてみると、この2点ではないかと思います。

 

1.制動力を立ち上げるのに、握力が少なくてすむ

2.雨天のブレーキ性能の低下が、リムブレーキよりも少ない

 

雨天走行は極力避け、六甲の長い下りでもリムブレーキで事足りている私にとって、メリットとは言い難いというのが正直なところ。

 

雨でも乗りたい!!という方や、握力に自信がない・・・という方にとっては、大きなメリットになると思いますが・・・

 

逆にデメリットを考えてみると

 

1.リムブレーキ用の所有ホイールが使えなくなるため、ディスクブレーキ用のホイールを購入するコストがかかる

2.整備が難しく、セルフメンテナンスに向いていないため、不調の際はショップに持ち込む必要がある

3.2ゆえに、ランニングコストがかかる

4.ショップで整備されているレベルでも、ローターが擦ったり、ローターがグラつくなどの機材トラブルが発生している現状

5.落車時、ブレーキローターに触れてしまった際の大ケガのリスクがある

 

デメリットが多すぎる印象。

 

メンテナンス性も機能性も金銭面でもデメリットがあるというのは、論外の印象。

 

今まで使用してきたホイールが使えないのはかなりの痛手。

 

私の場合、家にあるシャマルウルトラ、レーシングゼロ、ゾンダ、レーシング3が軒並み使えず、それに相当するホイールを購入しないといけないのは致命的すぎです。

 

wiggleでディスクブレーキ仕様のゾンダを購入するにしても、56,941円とお手軽なお値段というわけではないですね。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ディスクブレーキホイールセット
そして、ディスクブレーキのフルセットをメンテナンス用として購入するのであれば、ディスクローターとディスクキャリパー、ブレーキパッドの3つが必要。

 

ディスクキャリパーは、アルテグラグレードがAmazonで6,000円程度。前後で12,000円ぐらいですか。

 

 

ディスクローターは、アルテグラグレードがAmazonで4,500円程度。前後で9,000円程度。

 

 

ブレーキパッドは、Amazonで1,000円程度。前後で2,000円ぐらい。

 

 

高い方のパッドだと前後で4,000円ぐらいになる模様。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,420(2019/08/24 21:18:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

ディスクローターとブレーキパッドが交換を要する消耗品で、ブレーキパッドは4000km~5000kmで交換が必要になるみたいですね。

 

ディスクローターは、ブレーキパッド交換3回目ぐらいが目安という情報を目にしました。

 

15,000km程度で交換ということでしょうか。

 

私は年間6,000kmほど走るので、2年半でディスクローターを1回交換、ブレーキパッドを3回交換ということになり、コストは21,000円ぐらいと予想。

 

現在、アルテグラBR6800を4年ほど使用していますが、交換したのはブレーキシューを3回交換しただけですので、1,500円×2個×3回として、コストは9,000円程度。

 

 

ブレーキキャリパーとディスクキャリパーの価格は、ほぼ差がないのが唯一の救い。

 

しかし、ホイールの購入が必要なことを考えれば、イニシャルコストもかかり、ランニングコストまで高くなるという資金難ローディーにとってはダブルパンチもいいところ・・・

 

現実的とは言い難い(´;ω;`)

 

そして、セルフメンテのレベルが上がるようで、ショップに持ち込もうなら技術料として2,500円ぐらいはかかってきます。

 

しかも、調整がかなり難しいようで、ローターが擦れてしまったり、グラつくなどのトラブルもある模様で、安定運用も難しい模様・・・

 

すいません。

 

やっぱり、ディスクブレーキは私には手に負えないと判断せざるを得ないです。

 

リムブレーキ一択でお願いします。

 

唯一の不安は、トラブル時に対応できるパーツが5年後まで残っているのか?という点

 

リムブレーキに関するパーツが故障してしまった際、修理を行うためのパーツを手に入れることができるのか?という点は不安材料。

 

しかし、次々ロードバイク購入検討時期になるであろう5年後までは、パーツ供給の問題はクリアできるのではないかというのが私の予想です。

 

現時点、ディスクブレーキのロードバイクの普及率は2割にも満たないのではないかと思います。

 

私の周囲にディスクロードに乗っている方、ほとんど見かけません。

 

いわゆる2:6:2の消費者法則でいうところの、先進的な商品を積極的に取り入れていく2割の層が、手を出したタイミングではないかと思います。

 

これから、インフルエンサーとなる上記2割の方が「ディスクいいよ~」と拡散しはじめ、「そんなにいいっていうんだったら買い替えようかな?」となる一般消費者層6割に広まっていく段階ではないかと思います。

 

となると、ここから3年~5年程度で一般消費者層6割が随時ディスクロードに買い替えていくことが予想されます。

 

リムブレーキの需要は、先3年ぐらいはあると思われるので、パーツ供給も終わることはないはず。

 

そして、3年後にはディスクロードの普及も進み、リムブレーキの交換パーツは投げ売り状態に移行し始めると思われます。

 

このタイミングで、修理用パーツを一式購入しておくと。

 

あとは、1回の修理をはさむことを想定しつつ、乗れるところまで乗ると。

 

すると、ロードバイク自体の寿命である5年経過がやってくるのではないでしょうか?

 

この頃には、最適化も行われ、安定した性能を持ったディスクロードが手に入るというシナリオ。

 

読みが甘いですかね?www

 

アルミフレーム+リムブレーキで乗りたいと思えるロードバイクは?

 

ここから先は、完全に好みですね。

 

私の中での最有力候補は、こちら。

 

引用:ラビットストリートさん

 

SpecializedのAllez Sprint DSW SL COMPです。

 

ずっと気になっているアルミロード。

 

アルミフレームのロードバイクの中では、かなり走ると評価の高い逸品。

 

人気メーカーSpecializedのオーナーになれるという特典付きw

 

フル105なのかな?

 

ブレーキがテクトロというのを見た気もしますが・・・

 

それでも、完成車で税込み125,000円ぐらいで購入できるのは検討に値します。

 

いまは在庫がなくなってしまったのかもしれませんが、Allez Sprint COMPというのも存在している模様。

 

 

DSW SLが付くのと付かないのとでは、仕様上の違いはなんだったんだろうか?

 

カラー選択の余地がないのが悲しいところですが、贅沢は言ってられませんw

 

サイズ49があるうちに、見学に行ってみようかなと思っております。

 

あとは、CannondaleのCAAD12でしょうか。

 

こちらは注目しているタマがあるわけではないのですが・・・

 

人気車なので、ほとんど在庫がないっぽいんですよね。

 

格安情報がありましたら、教えていただければうれしゅうございます。

 

愛車のcinelli Experienceが気に入ってるんだなと再確認される事態・・・

 

次期ロードバイクの検討を進めてきましたが、なぜか疲れるんですよね・・・

 

うきうきわくわく的な感じではないんですよ。

 

ノリノリで新車検討ができれば幸せなのですが、しょうがなく探してる感が強いです。

 

それぐらい、現愛車を気に入ってるということなんだろうなと再確認させられている次第。

 

ある意味、1台目のロードバイクをそれだけ愛せてることは幸せなんでしょうね。

 

しかし、先に書いたとおり、新車購入のタイミングとしては今がベストだと感じています。

 

あまり気乗りはしていませんが、新車探し、本格化していきたいと思います。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. より:

    惜しい、52ならアレスプフレーム有るのに(*´-`)

タイトルとURLをコピーしました