キャッシュレス決済の導入は済みました?政府主導のポイントバックが始まります!!

2019年10月1日、ついに消費税率が10%に引き上げられます。

 

2%の増税ということで、一般的な消費者からすると痛いところ。

 

その痛みを緩和するために、大きく2つの事業が動こうとしています。

 

1つは、軽減税率の導入。

 

こちらは、食品関係+新聞紙に限り、8%の消費税率を維持するというもの。

 

「なぜ、新聞が対象になっていて、おむつが対象になってないねん!!」という突っ込みを散見する例のアレです。

 

そして、もう1つが、当記事で話題にするこちら。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の概要はこちら。

 

期間:2019年10月から2020年6月の9か月間

還元額:購入金額の 5% または 2%

対象店舗:申請済みの中小企業店舗およびフランチャイズ店舗

対象となる決済方法:クレジットカードや電子マネーなどの電子的に繰り返し利用できる決済方法

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

期間は、2019年10月から2020年6月までの9か月間

 

引用:キャッシュレス・ポイント還元事業

 

消費税増税後、ずっとという訳ではありませんが、9か月間は恩恵にあずかれます。

 

キャッシュレス決済を浸透させたい政府が、絶好のタイミングといわんばかりに打ち出した策とも言えそう。

 

理由はどうあれ、我々が得をする話であって、損をする話ではないので、乗れるものには乗っておくのが吉だと思います。

 

私は、PAYPAY、LINEPAY、d払い、iD、クレジットカードの中から店舗で使える決済方法を選択して運用しているので、単純に5%OFFか2%OFFになるんだ、ラッキーぐらいの感覚です。

 

9か月間もがんばってくれるのはありがたいですね。

 

還元率は、購入金額の5%、または2%で、対象店舗は約30万店舗からスタート

 

引用:キャッシュレス・ポイント還元事業

 

ポイントバックの還元率ですが、5%か2%のどちらかになります。

 

少々ややこしい点なのですが、5%のポイントバックになるのは、フランチャイズ店以外の中小・小規模店舗になります。

 

フランチャイズ店の場合は、還元率2%です。

 

大規模店舗は対象外。

 

ですので、コンビニの直営店は対象外になります。

 

コンビニのオーナー店は2%OFF。

 

個人商店が5%OFFになるイメージです。

 

対象店舗は、以下の検索サイトやアプリから検索可能です。

 

キャッシュレス・ポイント還元対象店舗検索

 

ロードバイク関係の店舗を例に挙げると、大阪・神戸あたりでは、Y’s Roadやラビットストリートは対象店舗になっていませんでした。

 

まだ、申請していないだけなのかもしれませんが・・・

 

ウエムラサイクルパーツ、ベックオン、アベノバなどは、5%還元対象店舗のようです。

 

対象となる決済方法は、クレジットカードや電子マネーなどの電子的に繰り返し利用できる決済方法

 

対象一覧を見たのですが、とてつもない数でしたwww

 

ほとんどのクレジットカード、PAY系のサービスが対応しているようです。

 

ただし、ポイントバックの上限額や還元方法に関しては、各社異なります。

 

クレジットカード系は、還元上限額が月15,000円と設定されている場合が多いようです。

購入額ベースでは、上限30万円ですね。

 

コード決済系は、還元上限額が月15,000円~30,000円と幅広い設定になっているようです。

購入額ベースでは、30万円~60万円。

 

どのサービスを使うにしても、上限額に達するような金額の買い物を1月で行うかというと疑問なレベルですので、上限額はあまり気にしなくていいかもしれません。

 

大きな買い物をする時は、事前に各サービス会社の上限額等を参照した方がいいかも?ぐらいの意識付けでいいかと思います。

 

ポイントの還元は、請求額からの相殺、もしくは独自のポイントでの還元になる

 

ポイントバックの方法は、請求額からの相殺、もしくは各社独自に展開しているポイントサービスへのポイントバックでの還元になります。

 

クレジットカードの場合、請求額からの相殺か、楽天ポイントでのポイントバックが主流になる模様。

 

PAY系サービスは、各社独自のポイントでの還元になるようです。

 

請求額からの相殺であれば、特に意識することはないのですが、各社独自のポイントでの還元になる場合は、そのポイントサービスの利用可能店舗数が多いサービスを利用することを意識した方がよさそうです。

 

また、各社独自で展開するポイントバックキャンペーンも存在するため、そちらが充実しているかも判断材料になりそうですね。

 

最有力は、PAYPAY

 

私個人の考えとしては、最有力はPAYPAYになるのではないかと思っています。

 

最近、街中を歩いているとPAYPAY対応の幟が上がっている店舗が多いことに気付きます。

 

特に飲食店系が異常に多い。

 

クレジットカードを扱っていない店舗でも、PAYPAYは使えるという店舗がかなりあります。

 

PAY系サービスは、LINE PAYの一強かと思っていましたが、今やPAYPAYが喰ってる感じすら受けます。

 

実際、MMD研究所の調査によるとPAYPAYのユーザー数は、LINE PAYを既に抜いているとのこと。

 

また、PAYPAYはキャンペーンの打ち方が上手ですよね。

 

今回もまちかどペイペイというさらに5%ポイントバックキャンペーンを同時展開するようです。

 

引用:PAYPAY

 

考えようによっては、増税前よりも得をする話になりそうですね。

 

また、10月5日限定ですが、PAY PAYデビュー直後に日本中を狂喜乱舞に陥れた上限10万円キャッシュバックキャンペーンが行われる模様。

 

引用:PAY PAY

 

今後も様々なキャンペーンを行うのではないかと思います。

 

利用できる店舗数も多く、キャンペーンも充実しているPAYPAYは最有力になるかと思います。

 

ちなみに、私の使用比率は、PAYPAY:50%、d払い:40%、iD:9%、LINE PAY:1%といった具合です。

 

スマホ、インターネット環境とドコモで固めているので、d払いの比率が高めです。

 

ですが、特にキャンペーンなどが行われていない場合は、「PAYPAYで払っておくか~」という感覚です。

 

まだ、キャッシュレス決済を導入されていない方は、これを機に、まずはPAYPAYを導入されてみてはいかがでしょうか?

 

登録したら1,000ポイントもらえるようですしね。

 

iPhoneユーザーの方はこちらから。


Androidユーザーの方はこちらから。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました