【投資】ロードバイクはやる気なしモードなので自分用の投資ログ vol.6

週末に3回目のモデルナワクチン接種を行い、寝週末でございました。

 

3回目にして、38℃の熱と頭痛と腹痛と腕痛とそこそこ本格的な副反応があり、グッタリです。

 

ということで、今週末はロードバイクどころか、散歩すらなしでございます・・・

 

では、サクッと週末の相場振り返りと展望へ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

相場の末期感がすごいボラティリティの高さ

 

3月7日~3月11日は、25634円から始まり、24681円から25700円の間をぶん回した上で25162円で着地という素人殺しの大口による空中戦ウィークでした。

 

3月10日の一時1000円上げはすごかったですね~

 

この日、買い向かった方も多かったのでは?

 

3月11日に600円下げがきて、さらに今週末もサンデーダウが100ドル安と不穏な空気感が漂っており、「下げるなら上げるなや!!」と叫んでらっしゃる方も多いのではないかと思います。

 

週明けは25000円の攻防で始まる感じでしょうか。

 

早いところ、23500円までの下げ希望。

 

優良株が下落の勢いを強めているように見えるので、さらにレーザービームが1・2発出たら届くあたりの価格帯に買い注文をばらまいて待機中です。

 

強気になれないチャート・・・

 

【日経225日足】

 

3月10日の激リバは、上窓を閉じにいっただけなのかもしれませんね・・・

 

ただ、トレンドラインの下限付近に接近している状態なので、23500円は意外に遠いのかもしれません。

 

3月30日に期末の配当落ち日があり、日経225は250円ほど下げることは確定していますので、このタイミングで23500円あたりにきたところが買い場になるのではと思っています。

 

【日経225週足】

 

前回も書きましたが、週足はダブルトップからのネックライン割れなので、絶望しか感じませんね・・・

 

【マザーズ日足】

 

マザーズは、前回安値の650ポイントで反発できるかがポイントだと思います。

 

反発できないようだと、先週に登場した赤三兵はだましということになり、このタイミングで買った投資家が投げると思いますので、さらに下げが加速する可能性もありますね。

 

連動性の高いNASDAQが下げ止まれるかが最大の焦点になるかもしれません。

 

【NASDAQ日足】

 

陰の抱き線が出て週末を迎えてしまったので、弱気にならざるを得ないように感じます。

 

一時期、米国10年債金利が1.7%台まで低下していたのですが、再度2%近くまで上昇していることも重しになっていそうです。

 

月足の24SMAでぎりぎり踏ん張れるかというところ。

 

死守できないと10000ポイントぐらいまで下げが継続する可能性もあるのでは?

 

そんな展開がきてしまったら、日経225も23500円で踏ん張れない可能性がでてくるので、より一層やばい下落を覚悟しないといけなくなるかもしれません・・・

 

ナスダックさん、マジで踏ん張ってください。

 

最後に

 

一応、書いておかないといけないしきたりらしいので。

 

投資は自己責任でお願いします。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク
投資
Follow Me
速く遠くへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました