【ロードバイク】あこがれのサイクルコンピューター、ガーミンは本当に必要なのか?

最近、私が所有するサイクルコンピューター、ガーミン510Jが不調です・・・

 

もう3年以上も使っているので、長持ちしてるとは思うのですが、いつ壊れても不思議ではないような気がしています。

 

ガーミンの便利な機能の1つ、Bluetoothでスマホと接続すると走行ログを自動アップロードする機能が壊れてしまった様子。

 

さらに、走行ログを手動アップロードしようとすると1回目は必ず失敗し、2回目以降にアップロードできた後にフリーズする確率が50%を超えるという状態に・・・

 

最近、1度、走行ログが数日分消失する事件もありました。

 

さすがに寿命かなということで、次のサイクルコンピューターの候補を考えているのですが、それをそのままブログネタにしてしまおうという企画です。

 

みなさん、サイコンは何を使ってらっしゃいます??

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動の人気を誇るGarminのEdgeシリーズ

 

ロードバイク乗りなら誰しも憧れるサイクルコンピューター、ガーミンのEdgeシリーズ。

 

520、820、1030を使っているのをよく見かけますよね。

 

信号停止の時やスタートの際に鳴るピロッみたいな電子音が、所有欲を満たしてくれるんですよね。

 

もちろん、性能は折り紙付きで、スピード、ケイデンス、心拍数の計測はもちろんのこと、クリテリウム、エンデューロなどで活躍するLAP計測機能やトレーニング時に仮想ライバルとして自分自身の過去の記録を設定できるなど、サイコンの中でも最も多機能かつ高性能な製品です。

 

サイコンはもともと高価なものですし、2年、3年と長い付き合いになるアイテム。

 

安物買いの銭失いになるのが嫌だったので、私は初代サイコンにガーミン510Jを購入しました。

 

いまや、510Jは古すぎて手に入りませんけどね・・・

 

 

みなさんも見たことがあると思います、こんなやつです。

 

520Jを奥さんが使っているんですが、操作がタッチパネル式ではなく、ボタン式なんですよ。

 

私からすると、タッチパネル式だった510Jと比べて、使いにくいったらありゃしません。

 

820Jはタッチパネル式のようで、買うなら820Jかと思っていたのですが、めっちゃ高いんですよね。

 

スピード、ケイデンス、心拍センサー付きだと50,000円を超えてしまう・・・

 

これはちょっと厳しい。

 

そして、考え直しました。

 

そもそも、ガーミンじゃないとダメなの?

 

ガーミン、いろいろな機能がついていて高性能であることは間違いないのですが、使いこなせてないんじゃないの?

 

トレーニング機能、使ってる??

 

走行距離、スピード、ケイデンス、心拍数、勾配ぐらいがリアルタイムで見れたら十分じゃないの??

 

ということで、他社のおすすめされているサイクルコンピューターを調べてみました。

 

おすすめされていたサイクルコンピューター 3選

 

サイクルコンピューターのメーカーで、よく目にする名前は以下の3社でした。

 

・Cateye(キャットアイ)

・Lezyne(レザイン)

・Polar(ポラール)

 

エントリーモデルは2,000円とかすごく安いんですけど、有線で走行距離、スピード、ケイデンスのみという割り切り仕様なので、除外。

 

各社のミドルクラスのサイコンで、以下の機能を有する製品をリサーチしてみました。

 

・走行距離

・スピード

・ケイデンス

・心拍数

・勾配 (言い訳のため)

・バックライト (夜練や自転車通勤での夜間走行が多いため)

・オートストップ機能 (信号待ちも平均速度に含まれたら癪なため)

・Stravaへの走行ログ連携機能 (みんな大好きStravaで走行ログを見たいから)

・GPS

・タッチパネル

 

上に挙げたような機能は、最低限欲しいところです。

 

CATEYE Padrone Smart+ コンピュータ (CC-SC100B)

 

日本ではおなじみのCATEYE(キャットアイ)

 

走行用ライトでおなじみのメーカーですが、サイコンも有名ですね。

 

ラインナップも豊富ですが、レースにも使える位置づけでミドルクラスの商品はこちらになるかと思います。

 

 

一応、最低限欲しいと思っている機能は、すべて満たしています。

 

条件付きで。

 

その条件というのがこちら。

 

勾配の計測に圧力センサー搭載スマートフォンが必要

 

これもまた分かりづらい点なんですけど、サイコン本体には勾配を計測する機能はないみたい。

 

勾配の計測は、気圧から高度を計測して勾配に換算する方式が多いようですね。

 

日本でのシェア№1スマホであるiPhoneは圧力センサー内臓なので、勾配計測可能ということになります。

 

スマホで計測した気圧をBluetoothを介してサイコンが受信し、勾配に換算して表示するという仕組みのようです。

 

あと、気になる点は電源が内蔵バッテリーではなく、ボタン電池のCR2032 X2という構成であることでしょうか。

 

約4か月は使えるようですが、バックライトを多用すると極端に寿命が短くなるとのこと。

※CATEYEの公式ホームページで、本当にこのように表現されていますw

 

夜間走行が多い身としては、ちょっと不安を覚えるかな・・・

 

あと、好みの問題ですが、タッチパネルではなく、ボタン操作なのも気になるところです。

 

ただ、安さは魅力ですね。

 

スピードセンサー、ケイデンスセンサー、心拍計がついたセットで、定価27,000円(税別)は、ガーミン520Jと比べて半額ぐらいです。

 

海外通販のProBikeKitで購入すると、さらに安い。

 

セット商品ではありませんが、2018年7月20日時点で、本体が定価16,000円のところ、6,304円と捨て値状態。

 

スピード、ケイデンスセンサーが4,728円。

 

心拍計はPBKで販売されていなかったので、Amazonで購入するとして、8,000円程度。

 

 

合計で20,000円程度ですべて揃えることができます。

 

ガーミン520Jの本体(センサー類なし)のほぼ半額とは恐ろしい・・・

 

安さ重視という方は、キャットアイを選択するのがいいかも。

 

ProBikeKitでチェックする

 

 

少しばかり余談です。

 

キャットアイのサイコンのラインナップを確認していて感じたことですが、商品名からランクがイメージしにくい・・・

 

Amazonや楽天市場で相場の確認をしていた時、表示名をあえて分かりづらくしているような詐欺のにおいがするものも見かけたので、気を付けた方がいいですね。

 

型番で確認すると間違いないと思います。

 

ガーミンみたいに数字の大小で分かるようにしたらよかったのに・・・

 

CATEYE Padrone Smart+ に関する元使用者の声が届きました

 

当記事にコメントをいただきましたアールさん、ロードバイクブログ「午年 羊座 乙女膝」の中の人、ずー・たにさんからいただいた情報です。

 

両名とも気になったという点がこちら。

 

GPSが本体ではなく、スマホ経由での受信になる

 

勾配 (気圧計)だけじゃないんですね(^_^;)

 

走行ログの要になるGPSをスマホ側に投げるとは・・・

 

そして、1番よろしくない点がこちら。

 

ログを記録するモードにすると、スマホとBluetoothで連動し続けないといけないので、スマホのバッテリーが一気に減ります。

アールさんのコメントより

 

スマホのバッテリーまで食いつぶすのはいただけないですね。

 

ずー・たにさんからは、エントリーモデルのサイコンは愛用しているという情報もいただきました。

 

キャットアイは、5,000円くらいまでのサイコンに留めておくのが無難なのかもしれませんね。

 

Lezyne SUPER GPS サイクルコンピュータ

 

正直、Lezyneという会社を私は知らなかったんですけどね。

 

CATEYEと同じく、ライトやフロアポンプ、アクセサリー類で有名な企業のようです。

 

私は、1つとしてLezyneの商品を持ってません。

 

しかし、ミドルクラスのサイクルコンピューター、SUPER GPS サイクルコンピュータの機能は非常に優秀なように見えます。

 

 

Amazonでは、サイコン本体のみの販売で、スピード・ケイデンスセンサーと心拍計は別売のようですね。

 

さて、機能的には、私の希望をほぼ満たしてくれています。

 

CATEYE Padrone Smart+ と違い、勾配を本体で計測することが可能。

 

電源は、microUSBで充電可能な内蔵バッテリーで24時間可動。

 

アールさんから、実際に24時間以上バッテリーが持ったよという情報をコメントでいただきました。

 

逆にGarmin520Jは、バッテリーに不安があるとのこと。

 

10時間程度でバッテリーが逝くということもあるようです。

 

バッテリーについては、Lezyneの方がGarminよりも優秀なようですね。

 

唯一の残念な点が、操作がタッチパネル式ではなく、ボタン式であることでしょうか。

 

あと、コメントでいただいたのですが、GPSの精度がガーミンに比べるとイマイチとのことです。

 

これは、日本版GPSである準天頂衛星システム「みちびき」に対応していないことが要因でしょうね。

 

みちびきに対応しているサイコンって、ガーミンだけでしょうけど・・・

 

ルートラボでルート作成し、サイコンにデータをセットしてルート案内を使うという方には物足りないかもしれないとのことです。

 

私はルート案内を使ったことがないので、関係ないですw

 

しかし、CATEYE Padrone Smart+ と定価がほぼ同じ、18,144円(税込)というのは驚異的。

 

別売のスピード・ケイデンスセンサーが5,940円(税込)、心拍計も5,940円(税込)とオプション品も安くすみます。

 

 

 

コメントで教えていただいた情報ですが、スピードセンサー、ケイデンスセンサー、心拍計はガーミンのものを流用可能です。

 

ANT+という無線規格に対応しているからとのこと。

 

ガーミンの本体だけ壊れてしまい、購入が必要という私と同じ境遇の方には朗報ですね。

 

さて、お値段の方はというと、日本語対応にこだわらなければ、海外通販で爆安で購入できます。

 

ProBikeKitでは、本体+スピードケイデンスセンター+心拍計のセットを20,000円程度。

 

本体のみであれば、14,000円程度です。

 

スピードケイデンスセンサー+心拍計が6,000円で新調できると考えるとセットで購入も魅力的ですね。

 

ガーミン510Jが壊れるまで悩もうw

 

余談ですけど、サイクル用品を日本で購入すると異常に高いと思うのは私だけ?

 

ボラれてる気分にすらなるのですが・・・

 

ProBikeKitでチェックする

 

Polar M460 GPS バイクコンピュータ

 

ポラールも最近耳にし始めた企業です。

 

私が知らなさすぎるだけかもしれませんがw

 

ツール・ド・フランスに参戦するような世界的チームも使っている信頼性のあるサイコンです。

 

 

こちらは、本体と心拍計のセットがAmazonで購入可能のようです。

 

POLAR M460も機能的には、私の希望をほとんど満たしてくれています。

 

内容的には、Lezyne Super GPS サイクルコンピュータとほぼ同じ。

 

やっぱり、タッチパネルではないんですね・・・

 

タッチパネルって、もしかして人気ないの?

 

本体+心拍計がAmazonで27,800円(税込)で購入可能。

 

スピードセンサーとケイデンスセンサーのセットは別売。

 

 

Amazonで8,280円(税込)で購入可能。

 

と、ここで懸念事項が。

 

このスピードセンサーとケイデンスセンサーの評判がすこぶる悪いw

 

電池交換ができず、使い捨て。

 

精度もあまりよくなさそう。

 

正規品のクオリティが低いのはちょっとねぇ・・・

 

ProBikeKitだと心拍センサー付きで、19,000円程度(2018/7/20時点)と日本で購入するより8,000円程度安いですね。

 

ProBikeKitでチェックする

 

本体+スピードセンサー+ケイデンスセンサー+心拍計で28,000円程度になってしまうので、CATEYE、Lezyneに比べると割高です。

 

ガーミンよりかは断然安いですけど。

 

ということで、次期候補はLezyne Super GPS サイクルコンピューターに決定!!

 

どう考えてもLezyne Super GPS サイクルコンピューターのコスパが突出してると思いませんか?

 

リサーチ前は、ポラールが有力なのかな?と勝手に思っていたのですが、Lezyneの優秀さに驚きを隠せませんね、これは。

 

タッチパネルをあきらめれば、ガーミンEdge520と変わらないレベルの性能があるんじゃないでしょうか。

 

ガーミンのスピードセンサー、ケイデンスセンサーをそのまま使えそうなので、本体だけ購入でもいけちゃうかも!?

 

ガーミン510Jが壊れたら、とんでもない出費を強いられるなとかなり気分が落ちていたのですが、ちょっと光が差してきました♪

 

無理をしてガーミンを購入する必要はなさそう。

 

高性能なサイクルコンピューターが欲しいけど、高価なのでがまんしているという方、LezyneのSuper GPS サイクルコンピューター、おすすめですよ!!

 

Lezyne Super GPS をProBikeKitでチェックする

 

実際にLezyneのサイコンを使われている方からのコメントもお待ちしております!!

 

コメント

  1. アール より:

    Lezyne Super GPS 使ってますよw

    記事に上がってたCATEYE Padrone Smart+も過去使ってました。
    CATEYE→Garmin520J→Lezyneという遍歴です。

    CATEYE Padrone Smart+はコスパに釣られて導入したんですが、卒業理由としては、ログを記録するモードにすると、スマホとBluetoothで連動し続けないといけないので、スマホのバッテリーが一気に減ります。しかも当初のワイのスマホ、気圧計ついてなかったので斜度がわからんかったw
    というわけで、使い勝手悪く感じて卒業w
    Garmin520J、さすがはGamin先生。使い勝手のよさは随一。CATEYEとちがって、これ1台で完結します。ただ、バッテリーの持ちがイマイチ・・・アワイチですらバッテリーがやばいw(アワイチもっとはよ走らんかいということかwww)
    Lezyne Super GPS、もちろん1台で完結するし、バッテリーも十分もちます。
    20時間もつよってうたわれてますが、実際24時間以上もちました。バックライトもボタン一つでONOFFできすので、必要ないときは消しておけばバッテリーのもちが違います。
    ただ、画面白黒、Gaminに比べるとGPSがちょっとしょぼい。(Stravaでルートがちょっとずれることがあります)メモリーいっぱいになった時に自動でログが上書きされない。という問題はあります。
    サイコンでは数字のみ確認、ルート確認なんていらんねんwって方はかなり重宝すると思います。
    センサーもANT+Bluetooth対応なんでGarminのセンサーそのまま使えますしね。

    長文コメ失礼しました。
    参考になれば幸いです。

  2. ちょろりゅう より:

    あら偶然、僕も現在使用中のサイコンが調子悪いのでいろいろ探してたとこ。

    って言うかもう購入したんやけどね。(*´pq`*)ムフッ

    レザインも検討したけど僕が選んだのは『ブライトン410‼︎』

    バッテリーのもちとお手頃な値段が決定打‼︎
    AKIRAさんの求めるタッチパネルはついてないけど、他の機能は満たしてるで。(*^^*)

    • AKIRA AKIRA より:

      ちょろりゅうさん、ブライトン410のディスプレイ表示、きれいでよさげですね♪
      ブライトンはリサーチしてなかったです。
      ブライトンのインプレ記事、書いてみません?www

  3. 佐藤 より:

    通りすがりの者です。発注済みでしたら今更ですが。

     LezyneってANT+センサー対応してませんでしたっけ?
    だったらセンサー類は510Jの物がそのまま使い回せると思いますよ。

    • AKIRA AKIRA より:

      佐藤さん、コメントありがとうございます。

      Lezyne、ANT+センサーに対応しているようです。
      510Jのセンサーを使い回せるのは、本当にありがたい♪

      Lezyneの仕入れは、510Jがお逝きになられるまで粘るつもりです。Xデーは近そうですが・・・

      情報ありがとうございます\(^o^)/

  4. 煽るタイトル嫌い より:

    煽るタイトル嫌い

    • AKIRA AKIRA より:

      煽るタイトル嫌いさん、コメントありがとうございます。

      正直なところ、煽っている感はあまりない記事タイトルだと思っておりました。
      以前にアップした「まだ鉄下駄で消耗してるの?」の方が、ドキドキしながら投稿したぐらいですw

      当記事は、ガーミン不要の結論に達してますし、記事タイトルと内容がずれているわけでもありません。
      インパクトのある記事タイトルを考えだせているという誉め言葉としてお受けさせていただきます。