所有のアルミクリンチャーホイールを比較してみる

私、ロードバイクを始めて3年半が過ぎたわけですが、諸先輩方と同様にありとあらゆるパーツを購入し、散財祭りをしてきました。

 

純正で残ってるパーツと言えば、フレームとシートポストぐらい。

 

cinelli Experience 105mixの完成車をWiggleで10万弱で購入したわけですが、あとからのカスタマイズ代だけで50万ぐらいかかってます、確実に・・・

 

そのカスタマイズ代の大半を占めるのが、そう、今回のお題であるホイールです。

 

そして、そのほとんどがアルミクリンチャーホイール

 

アルミクリンチャーのメリットは、使い勝手のよさに尽きると思います。

 

カーボンチューブラーであるBORA ONE 50も所有していますが、ヒルクライムに連れて行く気にならないとか雨が心配な時は履けない、パンクしたら厄介など使い勝手に難があり、完全に決戦ホイールと化しています。

 

やはり、普段履き、特にロングライドではアルミクリンチャーが最強!!

 

ということで、私が保有している以下の5つのアルミクリンチャーホイールの比較インプレを行いたいと思います。

 

1.SHIMANO R501-30

2.Campagnolo ZONDA

3.FULCRUM Rancing 3

4.Campagnolo SHAMAL ULTRA

5.FULCRUM Rancing Zero

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エントリー、ミドル、ハイエンドとレベルアップしてきたアルミクリンチャーホイール達

 

さて、各ホイールの概要は以下のとおり。

 

SHIMANO R501-30

 


シマノ WH-R501-30 ロードホイール クリンチャー ブラック 前後セット

 

重量:F/875g  R/1,126g

リムハイト:F/30mm  R/30mm

 

超有名ないわゆる「鉄下駄」です。

完成車についてきたホイール。

R501のリムハイトが30mmになったモデルです。

初代自転車通勤用ホイールでした。

 

Campagnolo ZONDA

 

重量:F/670g  R/885g

リムハイト:F/24mm  R/30mm

 

鉄下駄からのステップアップの際、もっとも選択される率の高いコスパ最強のカンパニョーロのホイールですね。

リアのG3スポークパターンとラベルがかっこいい!!

2代目自転車通勤用ホイール。

 

FULCRUM Rancing 3

 

重量:F/670g  R/885g

リムハイト:F/24mm  R/30mm

 

こちらはZONDAと双璧をなす、Two-to-Oneで有名なミドルグレードのホイールですね。

ZONDAは柔らか目、レー3は硬めとよく言われますが、本当に硬めです。

パワータイプの方は、レー3を選択した方が幸せになれると思います。

うちの奥さんがロードバイクを始めた時に、ZONDAとR501しかなかったために購入したホイール。

今も奥さんのメインホイールです。

 

Campagnolo SHAMAL ULTRA

 

 

重量:F/624g  R/833g

リムハイト:F/24mm  R/27mm

 

アルミクリンチャーの最高峰と言われるカンパニョーロの最上位グレードホイールです。

ブレーキ性能がさらによいシャマルミレもありますが、走行性能という点では同じ。

こちらはポンド安が大幅に進んだ時に海外通販で6万円台という破格値で売られていたところを購入しました。

現在、私の常用ホイールで、クリテやエンデューロもシャマルで参戦することが多いです。。

 

FULCRUM Racing Zero

 

重量:F/647g  R/843g

リムハイト:F/25mm  R/30mm

ついに仲間入りしてしまいました、アルミクリンチャーの最高峰の双璧の1つ。

フルクラムレーシングゼロ。

シャマルウルトラと比較されることが多い、クリテリウム向けアルミクリンチャー。

硬く、高剛性なことで有名ですね。

奥さんの次期メインホイールになる予定。

 

感覚優先のゆるいインプレをお送りします

 

簡単に紹介しましたが、どう違うの?を私なりの判断材料で、ゆる~いインプレをしてみたいと思います。

 

要素は以下のとおり。

 

1.持った時の重さ(重量)

2.漕ぎだし、加速性能

3.巡航

4.ブレーキング

5.ヒルクライム

 

1.持った時の重さ

 

R501:バカ重、重戦車かよ・・・

ZONDA:おっ、なかなか軽くなったぞ♪

レーシング3:おっ、なかなか軽くなったぞ♪

シャマルウルトラ:なにこれ、くっそかるっ!!

レーシングゼロ:やばっ、かるっ!!

 

片手で持った時の感覚での話ですが、R501とシャマルウルトラ、レーゼロでは段違いです。

 

本当に同じホイールなのかと疑いたくなるぐらい、シャマルウルトラ、レーゼロは軽いですし、R501は重いです。

 

ゾンダ、レー3は、R501に比べれば断然軽いのですが、ハイエンドホイールの軽さを知ってしまうとやはり重い。

 

この時点で、ヒルクライム時に差が出てきて当然だよな~といった印象。

 

2.漕ぎだし、加速性能

 

R501:ダンシングじゃないと進まねぇ~、シッティングとかむり~

ZONDA:やわらか~く、ふわ~っと加速していく感じ。

レーシング3:踏めばぎゅ~んって加速していく感じ。踏まなかったら鉛。

シャマルウルトラ:ダンシングなら、ばびゅ~んって発射していきます。

レーシングゼロ:体重を乗せれば、あっという間に30km/hの世界がこんにちは。

 

漕ぎだしは、ホイールの硬さと軽さの差が顕著に表れます。

 

R501は論外。

 

本当に加速しない。

 

そして、重ったるい。

 

市街地のインターバル地獄に遭遇した日には、脚が早々に逝くことは覚悟しないといけません。

 

ゾンダ、レーシング3は、R501に比べれば断然軽く、くるっとクランクが回ってくれます。

 

ただ、ゾンダの方が柔らかく感じ、ペダルに力が加わっていくなかで、力がどこかに吸収されていくような感覚があります。

 

雨上がりのゆるんだ泥の上を歩くときの感覚といいましょうか・・・

 

それに比べ、レーシング3は硬く感じます。

 

アスファルトの上を歩く感覚といったところ。

 

ですので、加速の鋭さはレー3の方が鋭いです。

 

後々、足にくるのもレー3です。

 

ゾンダは足に優しいですけど、もっさり。

 

レーシング3は足に厳しいですけど、シャキッと。

 

シャマルウルトラは、レーシング3のさらに軽いバージョンです。

 

硬さはゾンダよりはるかに硬く感じます。

 

それゆえに加速してくれるわけですけど。

 

硬さはレーシング3と大して変わらないように感じますが、軽さゆえにレーシング3と同じだけ加速させようとした時の足への負担は少ないです。

 

そして、レーシングゼロは、シャマルウルトラよりさらに硬いです。

 

と言いたいところですが、私は同じぐらいではないかと思います。

 

意外にシャマルウルトラが硬いんですよ。

 

そんなに大差ないのではないかと思います。

 

さすがハイエンドクリンチャーといったところですね!!

 

3.巡航

 

R501:意外に回る!!重いけど・・・

ZONDA:すぐに止まろうとする・・・

レーシング3:すぐに止まろうとする・・・

シャマルウルトラ:さすがUSB!!高速域では踏まないと止まろうとするけど・・・

レーシングゼロ:コロコロ回る!!ディープリムに比べれば、高速域が伸びないけど・・・

 

意外に、R501が高速域では回るんですよ。

 

40km/hを維持するのは、ZONDAやレーシング3と同じか少し楽かもしれないです。

 

ZONDA、レーシング3は40km/hを超えるとすぐに止まろうとしますね。

 

45km/hを超えようとすると、そこには厚い壁があるように感じます。

 

その壁を破りにいけるのがシャマルウルトラ、レーシングゼロといったところでしょうか。

 

45km/hの壁をも突破できるのが、ディープリムホイールですね。

 

参考記事:【ボーラワン】BORA ONE 50 チューブラー ファーストインプレッション

 

4.ブレーキング

 

R501:言わずもがな、止まりません。

ZONDA:普通

レーシング3:普通

シャマルウルトラ:よく止まります。

レーシングゼロ:よく止まります。

 

R501 の止まらないっぷりは恐怖を感じるレベル・・・

 

なにせ重いので40km/hぐらいからのブレーキングでは慣性が残ってしまい、なかなか止まってくれません。

 

シャマルウルトラを履いて走った次の日にR501で走ると、思ったところで止まり切れないことが何度かありました。

 

ZONDA、レーシング3は特筆気になるようなところはありませんので、それ相応に止まってくれる感じです。

 

レーシングゼロもシャマルウルトラと同等レベルに減速できるので、安心。

 

5.ヒルクライム

 

R501:短距離なら意外に速いです。長距離になるとだめだめ。

ZONDA:少しばかり反応が悪い気がします。ダンシングでハンドルを振る時に重たい感じが・・・

レーシング3:ZONDAに比べると反応がいいです。きびきびした感じ。

シャマルウルトラ:さすがの一言。よく登りますし、ダンシングも軽やか。

レーシングゼロ:パワーをかけた時の反応は随一!!シャマルウルトラより速いです。

 

やはり、ヒルクライムは軽さと硬さがすべて。

 

「速く走るなら」ですけど。

 

ヒルクライムをメインでと考えている方でしたら、カンパニョーロよりもフルクラムを選択した方が幸せになれるのではないでしょうか。

 

レーシングゼロのパワー伝達力は、素晴らしいの一言です。

 

平均斜度12%ぐらいの坂を30秒だけとはいえ、20km/hで登れたのには感動した!!

 

ちなみにシャマルウルトラは、17km/hがいいところでした・・・

 

最後に

 

やはり、ハイエンドアルミクリンチャーはすごい!!

 

よく言われることですが、ロングライド優先ならカンパニョーロ、クリテリウムなどのレース優先ならフルクラムを選択するのが正解ではないかと思います。

 

ミドルグレードであっても、ハイエンドであっても。

 

しかし、ZONDAやレーシング3が悪いかというとそういうわけではありません。

 

コストパフォーマンスという意味では、この2ホイールが群を抜いていると思います。

 

ホイールのアップグレードに関して、心理的な面からのおすすめアップグレード順に関する記事も参考にしてみてください。

 

 

ミドルグレードでアップグレードを止めてしまうのも1つの選択肢です。

 

ただ、ハイエンドモデルの味を知ってしまうと、ミドルグレードに戻れないのも事実・・・

 

意外に重要な点だと個人的には思っているのですが、ハイエンドホイールでしか実現できないペダリングというのが存在するのです。

 

ハイエンド以外だと「踏むペダリング」になりがちなんです。

 

ハイエンドは、「回すペダリングの感覚を得れるんですよね。

 

なので、ペダリング上達には機材のグレードアップも必要なのではないかと思うようになりました。

 

2017年7月時点では、私の中での最高峰は間違いなくシャマルウルトラでした。

 

が、しかし。

 

2018年6月時点では、レーシングゼロに軍配が上がるかなといったところです。

 

アルミクリンチャーホイールのアップグレードの参考になれば幸いです。

 

ちなみに、アルミクリンチャーホイールの購入は、海外通販を利用することをおすすめします。

 

日本で購入すると2万円からひどくなると4万円ぐらい高くなってしまいます。

 

私は、全ホイール、海外通販で購入しました。

 

いまのところ、ノートラブルです。

 

今回、インプレしたホイールの海外通販サイトへのリンクも貼っておきますので、1度、チェックしてみてください。

 

私が使用したことのある海外通販サイトについての参考記事

 

【海外通販】激安ガイツー、ProBikeKit (PBK) の利用方法【ロードバイク】

【海外通販】メジャーサイト、Wiggleの利用方法【ロードバイク】

 

各ホイールの商品ページへのリンク

【ProBikeKit】

FULCRUM RACING ZERO(レーシング ゼロ) C17 クリンチャー ホイールセット

CAMPAGNOLO SHAMAL ULTRA(カンパニョーロシャマルウルトラ)C17クリンチャーホイールセット

CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)・ZONDA(ゾンダ)・C17 クリンチャーホイールセット

FULCRUM RACING 3 C17 クリンチャー・ホイールセット

 

【wiggle】

Fulcrum – Racing Zero (レーシングゼロ) LG クリンチャーホイールセット

Campagnolo – Shamal Ultra (シャマルウルトラ) C17 クリンチャーホイールセット

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

 

コメント

  1. Hassy より:

    こんにちはー、先生のブログ発見👀

    いつもお世話なっとります、笑
    完成車についてきた鉄下駄…鉄下駄…
    あー、思い当たる(〃ω〃)

    でも今のトコは満足してるので変えたい欲求出てきませぬ…
    こんなお話見る度・聞く度、気にはなるんですけどね、笑

    もっと速くなったら考えますw
    また、ご一緒して下さいませー(・∀・)

    • AKIRA AKIRA より:

      こんにちは~♪
      発見されてしまいました(笑)

      現状で満足しているのであれば、完成車付属のホイールで十分ですよ。
      RS21(でしたっけ?)はいいホイールだと思います。

      遠方に旅をすることが楽しみなのであれば、ホイール変更は有効かもしれないですけどね。
      速くなるだけでなく、楽になりますから。
      セールスちゃいまっせ(笑)

      また、トレイン組んで走りましょう\(^o^)/

  2. ちょろりゅう より:

    次はシャマルウルトラのレンタルを…。ー ̄) ニヤッ 

    そのホイールでしか出来ないペダリング…その感覚わかる‼︎
    アワイチでキノさんにホイール交換してもらった時に感じたわ。
    上りで自分のホイールと同じ感覚で踏んでも進まねぇ‼︎
    キノさんのホイールの方が軽量なハズなのに…。
    不思議なもんだねぇ。σ(´ー`*)

    • AKIRA AKIRA より:

      シャマル、いつでもお貸ししますよ(笑)
      あ、私が10速やからその場で交換は無理か・・・

      ホイール、いろいろと特性みたいなものがありますよね。
      パワーで進ませるか回転で進ませるかみたいな。

      さてさて、私の秘密兵器はどちらのタイプなのか楽しみ~♪

  3. より:

    はい。( ´θ`)ノ

    比較対象のタイヤ、チューブ銘柄は同じですか?

    • AKIRA AKIRA より:

      (゚Д゚)ノァィ

      R500以外は、コンチのGP4000S2の25Cにヴィットリアのラテックスチューブですね。
      ただ、ゾンダとレー3は空気圧が高めのころのセッティングなので、F7.5Bar、R8Barぐらいです。
      シャマルとレーゼロはF6.3Bar、R6.5Barぐらい。

      R500はコンチのUltraSports2にR-Airだったと思います。(1年以上前なので記憶が曖昧・・・)