【ボーラワン】BORA ONE 50 TU のセカンドインプレッション【シャマルウルトラ比較】

私の決戦ホイール、ボラワン50チューブラーですが、実際にレースで使用したことですし、セカンドインプレを書こうかと思います。

 

ファーストインプレはこちら。

 

BORA ONE 50 チューブラー ファーストインプレッション

 

非常に簡潔に申し上げて、ファーストインプレとあまり変わらないかな(^_^;)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最高峰のクリンチャー、シャマルウルトラと比較すると

 

まずは基本性能を書いておきましょうか。

 

BORA ONE 50 Tubeler (ボーラワン 50 チューブラー)

 

重量:F/545g  R/720g

リムハイト:F/50mm  R/50mm

 

重量が、1,260gほどと超軽量に思えますが、チューブラーなので、チューブラーテープの重量を考えるともう少し重くなりますね。

 

しかし、軽いな・・・

 

実際、ホイールをシャマルと交換する時に、「かっる!!」って言ってしまうレベルで軽いです。

 

Shamal Ultra C17 Clincher (シャマルウルトラ C17 クリンチャー)

 

重量:F/623g  R/826g

リムハイト:F/24mm  R/30mm

 

所持しているシャマルウルトラは、C17の前の世代のC15のホイールなんですけど。

 

もう、新品は手に入らないみたいですね・・・

 

加速性能

 

ファーストインプレでも書いた通りですが、踏んだ時に「進んどる!!」という感覚は、シャマルウルトラの方があります。

 

ボラワンは、感覚的にもっさりしてます。

 

軽いのでシュパッと加速するのかと思いきや、そうでもないという・・・

 

これは剛性が関係しているように思います。

 

巡航性能

 

ボラワン!!

 

と言いたいところですが、速度域によります。

 

私の感覚では、37km/h以下はシャマルウルトラの方が気持ちいいですし、楽です。

 

37km/h以上になると、ボラワンの方が維持が楽になります。

 

この維持が楽になるということは、そこからスピードを上げていくのも楽だということです。

 

シャマルウルトラは、50km/hより上は、本当にスピードが上がりません。

 

ボラワンは、50km/hからさらに上げていくことができます。

 

クリテで、C3レベルから上の出場者が悉くカーボンディープを履いているのは、そういうことです。

 

ですので、40km/h巡航が当たり前になるクリテリウムやエンデューロでは、ボラワン一択になりますが、30km/h巡航ぐらいがメインになる普段乗りに関しては、シャマルウルトラを選択します、私なら。

 

ヒルクライム

 

重量を考えるとボラワンが有利かのように思えるのですが、シャマルの方が感覚的に楽なんですよ。

 

大差はないですけどね。

 

ボラワンでも十分に登ることはできます。

 

斜度がゆるめのアップダウンが多いコースならボラワンの方が有利になるでしょう。

 

制動力

 

ブレーキングについては、不思議なことにボラワンの方が利きがいいです。

 

シャマルウルトラとシマノの鉄下駄であるR-500を比べた時、R-500の方が止まらなかったという記憶があるのですが、ホイール重量が大きく関係しているのかもしれませんね。

 

ちなみに、雨の中での制動力については不明です。

 

雨の中、カーボンディープを履くのは自殺行為だと思っていますので・・・

 

コーナリング

 

コーナリングについては、大差ありません。

 

双方、狙ったラインをトレースできるだけの性能があると思います。

 

コーナリングで狙い通りに操舵できなかったのは、R-500ぐらいですかね。

 

扱いやすさ

 

普段乗りを視野に入れた時、扱いやすさというファクターはウエイトが大きいと思います。

 

チューブラーはパンクに対処するための準備物が多くなりますし、シーラントで復旧できなかった時のお財布への打撃が大きいですよね。

 

クリンチャーだとパンク復旧用のパッチは安いし、チューブも折りたたんで持ち運べるし、そもそも安いしとお気軽感があります。

 

また、ボラワンはカーボンディープの特性上、ブレーキに気を使います。

 

長い下りなどで、長時間ブレーキをかけ続けると、カーボンが溶けてしまうらしいので、六甲山などのヒルクライムには適さないです。

 

安心してダウンヒルができないのはストレス。

 

ブレーキパッドは、消しゴムのごとく削れていきますしね。

 

クリンチャー用のブレーキパッドより数倍高いくせに・・・

 

1回レースを走ると、ブレーキパッドにある溝が、削れたカスで埋まるぐらいに削れます。

 

あと、突然の雨を気にしないといけないのもマイナスですね。

 

ですので、ロングライドには絶対に履いていかないです。

 

ロングライドはシャマル一択。

 

かっこよさ

 

圧倒的ボラワン!!!!

 

 

いや、シャマルもかっこいいんですけど、ボラワンのいかつさね。

 

やっぱ、かっこええわ~

 

所有欲は、ボラワンの方が満たされることは間違いないです。

 

まとめ

 

私的には、40km/h巡航のシチュエーションがないのなら、ボラワンは必要ないと思います。

 

シャマルウルトラに対して、アドバンテージがあるのは高速巡航だけです。

 

しかも40km/h近くまで上げれないと体感できないレベルです。

 

普段乗りで、40km/h巡航で走れる人、ほとんどいないでしょ(^_^;)

 

だって、信号があるんだもの。

 

クローズドコースを走るエンデューロやクリテリウムこそが活躍の場となるので、レースに出走されない方はシャマルウルトラで十分すぎです。

 

ただ、レースに出て勝ちたいという方は、ボラワン一択です!!

 

私がけいはんなのC5Hを勝てたのは、間違いなくボラワンのおかげ。

 

私の脚でもスプリントで57km/h出せたぐらいですから。

 

あれがシャマルだと52km/hぐらいで止まるんですよね・・・

 

スプリントで5km/hの差は絶望的な差ですよ。

 

レースで勝ちたいなら、迷わずボラ!!

 

 

と、そんなタイミングでWiggleさんがブラックフライデーのセールを始めたみたいなので、チェックしておいた方がよさそうですよ♪

 

1週目の対象商品にホイールはないみたいですけど、いずれ出てくるかもしれませんからね。

 

 

Wiggleでの購入方法が分からない場合は、登録方法の解説記事をアップしていますので、こちらを読んでみてください。

 

【海外通販】メジャーサイト、Wiggleの利用方法【ロードバイク】

 

 

あと、私が所有する歴代クリンチャー達のインプレもこちらからどうぞ。

 

所有のアルミクリンチャーホイールを比較してみる

 

なんだかんだで、ホイール沼にどっぷりおじさん。

 


にほんブログ村

 

コメント