海外通販のススメ

私がロードバイクを始めた当初からずっと思っていたことなのですが・・・

 

日本の専門ショップで売られているパーツは、なぜあんなに高いのか!?

 

ロードバイクのカスタマイズに着手されている方であれば、価格調査のためにショップ巡りをされる方も多いことと思います。

 

私も例に違わずだったのですが、一部のショップを除き、大体のショップは定価販売が基本なんですよね。

 

あまりセールをしないですし、セールをしたとしても20%割引ぐらいが限度。

 

ロードバイク歴の浅い方であれば、その表示金額が相場だと思ってしまいますよね。

 

日本に専門ショップが少ないことも理由の1つですが、3店舗ほど価格調査に出向いても大体は同じ金額だと思います。

※大阪のショップを例に挙げると、ウエムラサイクルパーツのような良心的な値段のショップも稀に存在しますけど・・・

 

私の経験から日本でもっとも安くロードバイクのパーツを購入できるのは、Amazonだと思います。

 

Amazonで、定価の35%引きぐらいが最安値圏という印象。

 

専門ショップより、間違いなく安いと思います。

 

しかし、それよりも激安でパーツを購入できる手段があるんですよ!!

 

それが、海外通販です。

 

海外通販の最安値圏は、定価の50%OFFがざらに存在するレベル!!

 

人気のホイール、コンポーネント、パーツであってもです!!

 

 

 

ロードバイク用品は、海外通販を利用するのがお得!!

 

ロードバイクは、機材スポーツと言われるほど、幅広いパーツのランク、カスタマイズ方法が存在します。

 

具体的には、コンポーネントと呼ばれる動力系のパーツやホイール、タイヤ、ハンドルやステム、サドルなど様々な機材で構成されています。

 

カスタマイズに着手すると、ほとんどのパーツを購入・交換することになると思います。

 

ロードバイク初心者の頃に「そんなことするわけないやん!!」と思っていてもですw

 

私のロードバイクも購入当初のパーツはSTIレバーとリアディレイラー、フレームのみとなってしまいました・・・

 

その1つ1つのパーツを定価で購入するのと半額で購入するのとでは、コストのかかり方が違いすぎますよね。

 

私、いままで40万円近くロードバイクに投資してきていますが、そのほとんどが海外通販での購入です。

 

日本国内で購入していたとすれば、80万円近いコストがかかっていたことになるわけですが、40万円の差はあまりにも大きい・・・

 

その経験があるからこそ、海外通販をおすすめするのです。

 

 

具体的な人気タイヤの価格比較

 

具体的に、私がよく購入しているコンチネンタルのGP4000S2というタイヤの価格比較をしてみたいと思います。

 

日本の人気チェーン店Y’s Road:1本7,560円(税込み)

Amazon:1本4,940円(税込み)

ProBikeKit:1本3,914円(税込み)

 

ProBikeKitが最も安く、4,000円を切っていますが、他の海外通販サイトも大体4,000円台といったところ。

 

日本で購入するよりは断然安いことは明白です。

 

海外通販に対するネガティブなイメージについて

 

海外通販を使ったことのない方にとっては、以下のような悪いイメージがあるかもしれません。

 

・サイトが日本語に対応しておらず分かりずらい

・利用方法が分からない

・商品は問題なく届くのだろうか?

 

私も数回利用してみるまでは、同じことを感じましたし、少し疑いの目で見ていました。

 

しかし、数十回の商品購入を経て、まったく問題ないと思える海外通販サイトがあることを身をもって知りました。

 

上記3点をクリアする、私がおすすめする3つの海外通販サイトがこちら。

 

 

上記リンクから各海外通販サイトに移動してみてください。

 

日本語対応がしっかりとされており、日本の通販サイトと遜色ないレベルであることが分かっていただけるかと思います。

 

一部、日本語がおかしい箇所も見受けられますが、それはご愛嬌ですね。

 

当ページの最後に紹介しますが、他のロードバイク関連海外通販サイトに比べれば、日本語のクオリティもかなり高いレベルです。

 

そして、日本語対応がしっかりされているので、使い方も分かりやすいです。

 

どの海外通販サイトも無料会員にならないと買い物ができないのですが、Amazonと同等レベルの手続きで会員登録が可能です。

 

wiggleとProBikeKitについては、手続きの手順を解説した記事をアップしていますので、参考にしてみてください。

 

 

そして、商品の発送、主に梱包についてですが、日本の通販サイトに比べると若干見劣りはします。

 

私がwiggleでドリンクボトル、インナーウェアを購入した時は、段ボールに緩衝材が入っていない状態で届きました。

 

日本だとプチプチを詰め込んで発送してくれるところがほとんどですけど、海外通販サイトでプチプチを使って発送してくれたところは皆無。

 

代わりに、紙を敷き詰めて発送してくれるパターンもありましたけど。

 

商品が破損していたなどの問題に遭遇したことは一切ないので、そういうものだと思えば問題ないレベルだと思います。

 

唯一のデメリットは、商品が到着するまで2週間から4週間ほど時間がかかることでしょうか。

 

日本では、注文から3日ぐらいで手元に商品が届いていることがほとんどですが、海外通販の場合、送料無料のプランを使うと船便での発送になるため時間がかかることが多いです。

 

サイクリングエクスプレスは、台湾からの発送なので1週間以内で商品が到着することが多いので、最近は評価が高まっていますね。

 

時間があり、じっくり待てるという方には、海外通販は合っていると思います。

 

海外通販に関する記事一覧

 

私は、海外通販を積極的に使うことをおすすめしています。

 

海外通販サイトの使い方や、ProBikeKitの当ブログ限定クーポンコードの紹介などの記事をアップしていますので、読んでみていただければと思います。

 

【海外通販】メジャーサイト、Wiggleの利用方法【ロードバイク】
ロードバイク乗りの強い味方、Wiggle ( ウイグル ) のアカウント登録方法から配送先情報、支払い情報の登録方法を画像付きで解説。海外通販サイトとは思えない、日本の通販サイトと同じレベルの簡単な入力フォームですので、非常に簡単です。

 

【紹介コード有】激安ロードバイク向け海外通販、ProBikeKit (PBK) の利用方法
ロードバイクのパーツを購入するなら、海外通販サイトを使わない手はありません。人気の激安海外通販サイト、ProBikeKit(PBK)の利用方法を解説しています。会員登録の方法も日本の通販サイトと変わりない簡易さです。紹介コードが必要な方は「RYO-R8」をどうぞお使いください。

 

https://akira779.com/archives/2382

 

冒険をするなら、他にもある激安海外通販サイト

 

サイトを見ると日本語がかなり怪しかったり、そもそも日本語対応されていなかったりと利用するには、冒険心が必要になりそうな激安海外通販サイトも紹介してみたいと思います。

 

上から順に怪しくなっていきますw

 

・Chain Reaction Cycles

 

・Ribble Cycles

 

・BikeInn

 

まとめ

 

ロードバイク乗りは、海外通販サイトを上手に使うことで相当なコストダウンを実現できるはずです。

 

物によっては、多少高額になったとしてもショップで購入し、その後のメンテナンスも含めて面倒を見てもらう方がよい場合もありますが、消耗品は海外通販を使った方がよいでしょうね。

 

どこで購入しようとまったく同じ商品が届くわけですし。

 

私がおすすめするのは、老舗のwiggleと今までの取引数が1番多いProBikeKitです。

 

みなさんもぜひ1度利用してみてください。

 

セール開催やクーポンコードの発行が、結構な頻度で行われるので時間が空いた時にチェックしてみるのも楽しいですよ!!