人気海外通販サイトの梱包比較 Wiggle VS ProBikeKit

ロードバイクのパーツを安く手に入れることができる海外通販サイト。

 

日本語対応・日本円対応のサイトも増え、Wiggle一強だった一昔前に比べるとだいぶ利用しやすくなったと感じます。

 

が、しかし。

 

実際に海外通販サイトを利用したことがあるという方は、まだまだ少ないのではないでしょうか?

 

海外通販サイトを利用するのをためらってしまう理由の1つに、梱包が雑そう(クオリティが低そう)というイメージがあるのではないかと思います。

 

ということで、2018年のサマーセールで私がwiggleとProBikeKitで小物を購入した時の梱包を紹介してみたいと思います。

 

意外に、日本の梱包レベルに近づいている感じですよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wiggleで小物を購入した際の梱包

 

実際の梱包の写真をアップしていきますね。

 

上から撮った写真。

 

モザイクがかかっている箇所は、配送先の情報が記載されています。

 

海外通販サイトは、強く太めの透明梱包用テープを使って梱包するところがほとんどですね。

 

 

横から撮ったところ。

 

しっかりとテープでとめられています。

 

段ボールがボコりぎみなのはご愛嬌w

 

 

wiggleのロゴが入った専用の梱包ボックスを使っています。

 

梱包用テープをビリビリと外して上部をオープン。

 

 

白く見えているのは、購入明細の紙です。

 

それを取り除くと。

 

 

まさかの剥き身~\(^o^)/

 

緩衝材も一切なしという・・・

 

今回、wiggleで購入した商品が、キャメルバックのポディウムチルアイス2本とCraftのインナーウェアだったので、壊れることはないという判断なのでしょうか?

 

これだけカスカスだとボトル通りがぶつかり稽古しまくって海を渡ってきたことになるような・・・

 

まぁ、破損箇所はなかったので気にしな~い。

 

日本で購入するよりも半額で3点とも購入できたし、送料も無料なので多少のことは目をつむりましょう。

 

ProBikeKit (PBK) で購入した際の梱包

 

こちらも写真をアップしていきます。

 

 

ProBikeKitは、MYPROTEINと同じThe Hut Groupのグループ企業なので、梱包ボックスも共有なんでしょうね。

 

 

wiggleと同様、透明梱包用テープを使って、しっかり梱包されています。

 

 

そして、wiggleと違ったのが、緩衝材を使っているところ!!

 

これ、ポイント高いですよね。

 

ProBikeKitで購入したのが、ヴィットリアのラテックスチューブ×10とグローブだったので、少々重いものが中で暴れないようにという配慮なのでしょうか。

 

 

そして、ラテックスチューブ×10のセットは、さらに小さな梱包ボックスに入っていました。

 

 

ちっさい箱の中はこんな感じです。

 

 

きれいに敷き詰めてくれてますね。

 

ProBikeKitの梱包レベル、かなり上がったような気がします。

 

まとめ

 

人気海外通販サイトによる梱包選手権2018夏Verは、ProBikeKitの圧勝でした。

 

世間では、老舗のwiggleの方が梱包レベルが高いイメージを持たれているのではないかと思いますが、意外な結果に。

 

ProBikeKitも日本での販売に本腰を入れ、サービスレベル向上に力を注いでいる証拠ではないかと思います。

 

日本人って、安いだけでは購入しない人が多いですもんね。

 

今まで海外通販を避けてきた方も1度利用してみてはいかがでしょうか?

 

ProBikeKitの利用方法を知りたいという方はこちらを参考にしてみてください。

 

 

また、ロードバイク関連の海外通販について詳しく知りたいという方は、こちらのページも参考にどうぞ。

 

 

コメント