【ロードバイク用ソックス】フィット感抜群で快適なFOOTMAXの3Dソックスをインプレ

先日から行われているAmazonのセールで購入したFOOTMAXの3Dソックス。

 

早速、使ってみたのでインプレ。

 

タイトル通りですけど、専用品っていいね!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MADE IN JAPAN のFOOTMAX 3D SOX

 

私が購入したのは、レーシングソックスとウインターソックス。

 

日本製というだけで「きっとよかろうな~」と思ってしまいますな。

 

服飾関係は日本製がいいイメージがあるのはなぜ?

 

3D SOX BIKE RACING(3Dソックスバイクレーシング)

 

こちらはレース用に設計されたソックス。

 

ソックスの特徴は、製品の裏側に説明が記載されています。

 

 

すごく簡単に申し上げると、書いてある通りでした(笑)

 

この裏面の記載、プロがテストで評したインプレをそのまま載せたような気がします。

 

左右それぞれ専用設計になっており、足の形にピタッとフィットするように作られています。

 

 

普通の靴下にありがちな、強度が必要な箇所だけ縫製が浮きあがるようなこともなく、ペダルを踏んだ時の感覚のダイレクト感が素晴らしい。

 

そして、着圧感があり、足裏には滑り止め効果のある素材を使っているようで、ずれることがなくいい感じでした。

 

生地は、ペラペラかというとそうではなく、しっかりとした作りなんですけど、通気性はいいです。

 

気温15℃の中で走ると少し寒いぐらい。

 

要は、すごく快適\(^o^)/

 

ウエパのワゴンセールで、2枚セットで売っているパールイズミの安いソックスとは大違い。

 

私は、シューズにお金をかけれていないので、本当の意味でのよさが分かっていないのかも・・・

 

熱形成まで行っているような方(フィット感にこだわる方)であれば、靴下もこだわるのは当然のことなのかもしれません。

 

そんなこだわり品ですので、当然お高いですね・・・

 

1足2,000円って、3足1,000円の靴下を買ってる身としては、高級品。

 

決戦用ホイールならぬ、決戦用ソックスとして、1足持っておくといいかも。

 

 

3D SOX WINTER BIKE

 

こちらは冬用のソックス。

 

 

冬用ですので、先に紹介しているレースモデルより厚手で、ダイレクト感は減ります。

 

が、しかし。

 

めちゃくちゃあったかいです。

 

夜、15℃の中で履いてみたいのですが、足元から温められすぎて、大量の汗が(^_^;)

 

まだ、シューズカバーをつけていない状態なのですが、まったく風を通さない!!

 

これでシューズカバーをつけたら、冬の夜練も快適に過ごせるでしょう。

 

 

基本的には、レースモデルと設計思想は同じです。

 

厚手で寒さに特化しているか、薄手で快適性に特化してるかの違いだけ。

 

ですので、フィット感や着圧感、ずれないという特性は同じ。

 

ちなみに、靴下の履き口の前面裏側にR、Lの刺繍が入っていますので、左右履き間違えることもないです。(履いたら、すぐに違和感があると思いますけど)

 

 

まとめ

 

インナー、ジャージ、ビブ、グローブ、ヘルメット、アイウェアなどなど、いろいろなロードバイク用品がお値段ピンキリで存在しますが、お金をかけて開発した高級品は、それ相応の素晴らしさがあるということです。

 

みなさん、靴下にもこだわってみてはいかがでしょう。

 

その他、各ロードバイク用品のインプレはこちらからどうぞ。

 

冬に向けて、私が使っているおすすめ防寒アイテムをご紹介

ファイントラックのパワーメッシュをインプレ

自転車通勤の大敵、臭いが気になるので高級インナーを買ってみた

 

コメント