住友輪業プレゼンツ 第1回欲張りファンライド クロレンジャイ最後の聖戦 ~ 第1話 ~

2017年11月26日(日)、我々ぽんこつ夫妻で住友輪業さん主催、欲張り朝練派生型ファンライドに参加してきました。

 

カレー大好き住友さんのおすすめ店、カウボーイカレーが2017年12月30日に閉店してしまうということで、ずっと行ってみたかった私はすぐに参戦表明。

 

運よく、子供らを両親に預けることができる日だったので、奥さんも参戦。

 

ルートラボで、事前にルートを通知していただいたんですけど、「1,200mも登るのね・・・」という感想が先にきてしまい、私が大の苦手な岩谷峠で瞬殺されて、這う這うの体でカウボーイカレーを食すライドになるのだろうと夜も眠れない日々を過ごしていたわけです。

 

なぜなら、メンツがアカン!!

 

このライド、スペシャルゲストとして、かの社会派ブロガー ダイズさんが参加されることが決定していたわけですよ。

 

それに加えて、欲張り朝練でも走力の高いメンツが参戦表明しており、「ワイは動画撮影班として最後から追走しよう、そうしよう」ぐらいの悟りの開きっぷり。

 

奥さんとともに「ファンライド」という言葉を信じるしかないという心境で当日を迎えましたとさ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

第1回欲張りファンライド、開幕

 

集合は、9時に三木防災公園の西側駐車場。

 

無料で使える広大な駐車場なので、隅に停めておけばノープロブレムな、車載の参加者がいる場合に使いやすい集合場所ですね。

 

第1目的地である呑吐ダム、つくはら湖に近いのもポイントが高い。

 

私たち夫婦が到着した時には、ほとんどの参加者が揃っておりました。

 

急いで用意をして、みなさんのところへ。

 

(Photo by 奥さん改)

 

簡単に自己紹介をして、早速ライドスタートです。

 

欲張り朝練で一緒に練習したことがある仲間とのライドは、ブリーフィングも楽でいいやね。

 

第1チェックポイントは、大迫力の呑吐ダム

 

一行は、4、3、3のパックに分かれて、笠松峠を経由し、呑吐ダムへ。

 

パック分けも、誰と組んでも問題にならないので適当に(笑)

 

呑吐ダムへ向かうまでに、1度下ることになるのですが、ここで見た紅葉が素晴らしかった。

 

ちょうど紅葉狩りの季節なんですね。

 

海より山のライドがおすすめな季節かもしれません。

 

ほんの少しばかり道が荒れ気味だったので、写真は自粛。

 

呑吐ダムへは、メインの県道から外れた脇道へ入り、ちょいクライム。

 

いきなりから本場の尾張三味線が発動(笑)

 

これほどまでにしんどくなさそうな荒い息遣いを聞いたことがない\(^o^)/

 

ダイズさん、強さの片鱗が見え隠れして逆に怖いっす。

 

私も「しんでぇ、しんでぇ」言いながら登っていると、「嘘つけぇぇぇ、バレてるねんぞ!!」と奥さん。

 

実は、奥さんの心拍計が以前からペアリングが切れており、行きの車中でペアリング作業をしてリンクできたと喜んでいたのですが、私の心拍計を拾っていた模様。

 

私と奥さんでは、私の方が心拍が20ほど低いので、即座に分かったみたい。

 

そして、旦那を監視し、白日に晒すというスパイ行為にでる出来た嫁。

 

いなちくのライドレポで、「ぽんこつ」と言い過ぎたツケが回ってきたかな・・・

 

欲張りファンライドでは、「優秀なエージェントとして仕事する!!」と息巻いていたので、いきなりから違うベクトルでいい仕事をしやがりました。

 

そんなコントをやっていると呑吐ダムに到着。

 

(Photo by 奥さん改)

 

うむ、いい景色。

 

(Photo by 奥さん改)

 

住友さんとダイズさんがコントでもしてたんかな?

 

(Photo by 奥さん改)

 

呑吐ダムの上から見下ろした図。

 

ダムの高さ、迫力感が希薄なのはご愛嬌。

 

実際は、えらい高さで下を向いて写真を撮るのが怖いぐらいの迫力がありましたよ。

 

という、呑吐ダムまでの走行動画がこちら。

 

 

奥さんがいろいろと写真を撮ってくれてて助かる♪

 

しかし、ここ最近のライドでは味わったことのないようなゆるゆる強度で楽しかったなぁ。

 

車が来ないような裏道的なところをおしゃべりしながらゆっくり走るのもいいですね♪

 

次回は、紅葉を満喫できる回になると思いますので、お楽しみに。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント