【女性サイクリスト必見】話題の新ブランド、PIGLのパフォーマンスビブパンツをインプレ

日本人向けに設計され、機能性は◎のパールイズミ。

 

デザインが微妙と言われ続けてきましたが、ファッション性も追求した新ブランドを立ち上げました。

 

その名も、PIGL

 

そして、その商品ラインナップの中に、一際目を引く奇抜なデザインの女性用ビブショーツが!!

 

普段、自転車用品をすすめてみても「う~ん、いらんかな~」という奥さんが、即答で「試してみたい!!」と言ったので、即ポチ。

 

Mサイズを購入。

 

それがこちら。

 

白シャツは別商品ですよ。

 

黒の部分が、ビブショーツになります。

 

肩ひものデザインが特徴的ですよね。

 

ここから先は、奥さんにバトンタッチして、PIGLのパフォーマンスビブパンツをインプレしてもらおうと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画期的なのは、胸の圧迫が皆無なこと

 

一般的なビブショーツは、肩ひもが胸の上をとおるので、胸が押さえつけられて苦しいといったことはないですか。

 

見てのとおりですが、PIGLのビブショーツは胸の上を肩ひもがとおらない設計になっているので、胸への圧迫はまったくありません。

 

女性特有の悩みを解決してくれる専用設計はうれしいですよね。

 

 

ちなみに旦那さんが調べた情報によると、ASSOSやdhbから似たようなコンセプトのビブショーツが販売されているみたいです。

 

dhb – レディース Aeron クリップビブショーツ

 

肩紐を前方のバックルで留める方式のようですね。

 

従来のビブショーツ以上のホールド感がありつつも肩に負担がかからない設計

 

ビブパンツの懸念点は、肩紐による肩への負担、肩こりを起こさないか、窮屈に感じないかというところですよね。

 

私も同じことを感じていて、ショートパンツタイプのレーサーパンツを愛用していました。

 

でも、PIGLのビブパンツを履いてみて考えが変わりました。

 

PIGLのビブパンツは、鎖骨あたりから両肩に分岐しており、首に近い部位を肩紐が通るため、肩への負担はほとんど感じません。

 

ビブパンツの欠点を感じさせないつくりは、本当にうれしいですよね。

 

お腹の締め付けがなく、苦しくない

 

お腹周りの締め付け感がないのはビブパンツの利点の1つ。

 

従来のビブパンツと比較しても、お腹まわりのゆったり感が心地よいです。

 

ロングライドでお腹が張ることってありませんか?

 

そのような時も、お腹まわりに余裕があるので、苦しくなることがありませんでした。

 

フィット感はあるのに、締め付けすぎないという絶妙なバランスが素晴らしいと感じました。

 

身体の動きをサポートする優れたコンプレッション機能

 

ヒップアップ感があり、履き心地が抜群です。

 

シルエットがきれいに見えるのは、女性にとってうれしいですよね。

 

そればかりではなく、ペダリングを補助するサポーターのような機能も備えています。

 

太腿をホールドしてくれる感覚。

 

足が外側に逃げてしまうことを防いでくれているといいますか。

 

まっすぐ腿が上がるように矯正されているかのように感じます。

 

膝が外側に開いてしまう癖のある方には、なおさらおススメしたいです。

 

 

パールイズミのロゴが主張しないデザインなのもいいですね。

 

女性向けに専用設計された股擦れが起こりにくいパッド

 

パッドが合わずにお股が擦れて、ロングライドの時につらい思いをした方も多いのではないでしょうか。

 

私は、シャモアクリームという股擦れを防ぐためのクリームを使って凌いでいたんですけどね。

 

こんなのです。

しかし、PIGLのビブショーツはシャモアクリームを使わなくても擦れる感じがありませんでした。

 

また、座骨部分はパッドに厚みがあり、圧迫による痛みも軽減してくれます。

 

 

縫製部分が擦れるように見えますけど、実際には擦れることはありませんでした。

 

快適なロングライドのために欲しい1着ですね。

 

トイレなどの着脱時は、従来のビブパンツと同様

 

トイレでの着脱、面倒ですよね。

 

特別に着脱がしやすいという訳ではありませんけど、従来の商品より不自由になることもなかったです。

 

形状が違うことによって、不都合があるかと不安になる方がいるかもしれないと思ったので、書いてみました。

 

いつまでも履いていたいと思わせるほどの素晴らしい肌触り

 

質感にこだわったというだけあって、着心地がいいです。

 

肌ざわりがさらさら~

 

しかも汗をかいた時のベタベタ感がないのが好印象です。

 

速乾性がいいんでしょうね。

 

気温15℃の中でテストライドした際、水分(汗)が冷えた時の冷たさは感じませんでした。

 

あえて欠点を挙げるなら・・・

 

肩ひものメッシュ部分(前方)の速乾性が、若干悪いように感じました。

 

最後にスプリント練習をして、汗だくになったからかもしれないんですけど・・・

 

 

お腹より上部はこのようにメッシュ構造になっています。

 

背中側は気になりませんでした。

 

最後に

 

中華ジャージ数着、Wave Oneで作成したオーダージャージ、ロングライダースのジャージなどを所有していますが、どれよりもおすすめしたいビブショーツでした。

 

ビブショーツにトライしたことのない方にも、ぜひ、試してみてほしいなと思います。

 

ちなみに、パールイズミのPIGL専用サイトからの直販のみで、しかも、数量限定での販売みたいです。

 

興味があるという方は、早めに確認された方がよいかもしれません。

 

 

旦那さんからの人体実験命令、よくがんばったねと思う方はポチっとお願いします♪

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント