夏用国産インナーではコスパ最強!?おたふく手袋のデュアルメッシュ3D First Layerをインプレ

コスパ優秀なロードバイク用のインナーウェアとして、認知度が拡大しているおたふく手袋。

 

私も一時期お世話になっていましたが、久しぶりに注目すべきインナーウェアが登場したので、購入してみました。

 

それが、こちら。

 

 

デュアルメッシュ 3D First Layer です。

 

以前にインプレ記事を書いたデュアルメッシュのアミアミバージョンですね。

 

 

デュアルメッシュは、ネーミング通りのメッシュ生地ではありましたが、通気性は抜群というわけではありませんでした。

 

また、スリーブレス仕様がなかったのもロードバイク乗りとしては痛かったところ。

 

その惜しかった点が改良され、登場したのが3D First Layerということになるかと思います。

 

先にさくっとインプレをお伝えすると

 

クラフトのノースリーブメッシュスーパーライトの少し通気性が劣った版

 

といったところでしょうか。

 

劣ると表現すると悪く聞こえてしまうかもしれませんが、クラフトのインナーウェア、4,000円を超える高級品です。

 

 

性能がよくて当たり前の逸品。

 

そんな高性能インナーウェアを引き合いに出されるという時点で、性能はかなりよいことが分かっていただけるかと思います。

 

そんな3D First Layerを2,000円以下でゲットできるというのは、驚異的なコストパフォーマンスと言えるのではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おたふく手袋 デュアルメッシュ 3D ファーストレイヤーの商品概要

 

異素材の組み合わせによる2層構造のファブリックが、高い吸汗性と速乾性を可能にしました。
汗を瞬時に肌面から外側へと移動させ、肌面を快適に保ちます。

参照元:BODY TOUGHNESS 3D First Layerページ

 

おたふく手袋の性能自己評価は以下の通り。(5段階)

 

コンプレッション性:3

ストレッチ性:4

吸汗性:5

速乾性:4

 

 

毎度ながら、自己評価が優秀だと思います。

 

私の感覚も同じぐらいかな?といったところ。

 

ここに、通気性という項目を入れると3ぐらいになる感じですね。

 

おたふく手袋のインナーウェアの中では、1番ロードバイク乗り向け

 

おたふく手袋が発売している数あるインナーウェアの中で、3D ファーストレイヤーは1番ロードバイク乗り向けと言えると思います。

 

吸汗・速乾性のよさとノースリーブである点、動きやすいストレッチ生地であるなど多くの点で優れたインナーウェアではないかと思います。

 

 

後ろが透けて見えますね~

ストレッチ性がよく、動きやすい

 

ロードバイク特有、ライド中に前傾角が変わることによる体勢変更に対応するためのストレッチ性があるのはありがたいです。

 

ダンシング時も引っ張られるなどの違和感は感じません。

 

かと言って、ダボダボな感じかというとそうではなく、フィット感も十分に確保されています。

 

ただ、フィット感を大事にするのであれば、普段購入しているインナーウェアよりワンサイズ落として購入する方がよさそうです。

 

私であれば、通常、Mサイズを購入するのですが、今回購入したのは、Sサイズです。

 

サイズ感はバッチリでした。

 

ポリプロピレンメッシュ+ポリエステル生地で、吸汗・速乾性は優秀

 

夏に向け、だいぶ暑くなってきた自転車通勤で使用していますが、他社のインナーウェアと遜色ないレベルの吸汗・速乾性はあるように感じます。

 

デュアルメッシュと比べれば、雲泥の差ですね。

 

これぞ夏用インナーウェアという感じ。

 

しかし、クラフトのノースリーブメッシュスーパーライトと比べると、ほんの少しばかり速乾性は劣る気がします。

 

価格差を考えれば、かなりコストパフォーマンスは優れていると言えそうです。

 

通気性に関しては、もう1段上の性能を目指してほしい・・・

 

私が、唯一気になったのは、通気性です。

 

クラフトのノースリーブメッシュスーパーライトと比較すると、着た瞬間「ちょっと暑いかな?」と感じてしまいます。

 

本当に少しの差ではあるんですけど、快適度が変わってしまうんですね。

 

この点は、吸汗性とのトレードオフになるのではないかと思うので、絶妙なバランスの取り処を探して、実現してほしいところです。

 

ロードバイク乗りの味方となりそうな高コスパのインナーウェア、3D ファーストレイヤー

 

価格は、Amazonで購入すると1,800円台と低価格帯のインナーウェアです。

 

本格的に乗り始めたロードバイク乗りが、初の夏季を迎えるに当たって、専用インナーウェアを試すのに最適な選択となるのではないかと思います。

 

もちろん、既に専用インナーウェアを着用しているけど、よりコストを抑えたいという方にとって、味方となってくれそう。

 

一考の余地はあるかと思います。

 

 

2019年7月中であれば、d払いを使用することで20%のポイントバックを有効活用し、実質1,450円程度で手に入れることが可能です。

 

こちらも検討されてみては、いかがでしょうか。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました