ガーミン先生の寿命が尽きたかと絶望していたら、ガーミンジャパンさんが無償修理してくれた件

ガーミンジャパンさん、マジで神!!

 

ついに、5年以上も愛用していたGarmin Edge 510Jも天命が尽きたかと思う事案が発生しまして。

 

ここ半年ぐらい、スマホとのBlueTooth接続から走行ログのアップロードができなくなってしまいまして、PCに接続してGarminConnectからアップロードしていたんですね。

 

で、ある日、奥さんとヒルクライム練に行こうとガーミン先生の電源をONしてみたら、なんか動きが変なわけです。

 

ガーミン先生、スタートボタンを押すと、いつもの走行データ表示画面が表示されるはずなのに、保存と削除が表示される画面になっちゃう・・・

 

いろいろ触ってみていると、アクティビティページの名前が表示されていない。

 

名前の登録操作をしてみても、名前が表示されないままで、画面を閉じようとした瞬間、名前欄に文字化けした文字列が登場。

 

もう、挙動が怪しすぎて、素人目に見ても異常事態発生中という状態でした。

 

アクティビティページの名前が空白・・・

 

名前ないない~

 

カラーが変わったし、名前に謎の「i」が表示された・・・

 

ただ、電源が勝手に落ちるわけでもなく、再起動を繰り返すわけでもなく、タッチパネル操作は受け付けてくれる状態でした。

 

ということは、ハード的な問題ではなく、ソフト的な問題の可能性が高そうかな?と。

 

おそらく、PCに繋いだことで、どこかのデータファイルが破損したか、余計なファイルが入り込んだのかな?と考えたわけです。

 

となれば、ワンチャンあるかも?と思いつつ、最後の頼みの綱であるマスターリセットを行ってみたものの症状は改善せず・・・

 

私にできることは何もなくなってしまったので、ガーミンジャパンさんにお願いしてみようということで、問い合わせをしてみた時の記録になります。

 

ちなみに、約2週間のやり取りの上、ガーミン先生、見事に復活して私の手元に戻ってまいりました\(^_^)/

 

しかも、かかった費用はガーミンジャパンさんへガーミン先生を送付した際の送料(510円だったらしい)のみ!!

 

すでに保証期間も過ぎているというのに、作業費用無償で対応していただけるという好待遇、本当にありがとうございますm(__)m

 

ということで、ガーミンジャパンさんへの修理依頼の流れを書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは、自分で対応可能なことを試す(ソフトウェアのバージョンアップ、マスターリセット)

 

修理依頼を出す前に、自分で修復可能な場合もあるので、以下の2点は実施してみてください。

 

1.ソフトウェアのバージョンアップ

2.マスターリセット

 

ソフトウェアのバージョンアップ

 

Garmin Edge 510Jの場合、GarminExpressをインストールしたPCに接続し、アップデートを行うだけです。

 

Garmin Expressのダウンロードはこちらから。

 

Garmin Express – ダウンロードサイト

 

マスターリセット

 

マスターリセットは、内部の情報を出荷状態に戻す奥の手です。

 

読んで字のごとく、すべての設定情報が失われます。

 

でも、どうせやらないと使い物にならないわけですから、潔くマスターリセットを実行しましょう。

 

Garmin Edge 510Jの場合は、ディスプレイ左上をタッチしながら、電源をONするだけでした。

 

 

マスターリセットの方法は、製品によって異なりますので、リンク先で確認してください。

 

 

これでも改善しない場合は、ガーミンジャパンさんに問い合わせてみましょう。

 

ガーミンジャパンへの修理依頼方法

 

ガーミンジャパンさんへの修理依頼から修理完了までの流れは以下のとおりでした。

 

1.修理依頼に関する注意事項を確認する

2.各種サービス依頼フォームから修理依頼を行う

3.ガーミンジャパンからの返信メールを待つ

4.返信メールに対応方法が記載されている場合は、それを試す(※記載がないかもしれません)

5.Garmin Edge 510Jを梱包し、返信メールに記載されている宛先に送付

6.修理品到着メールを着信

7.2,3週間待機

8.対応結果メールを着信

9.Garmin Edge 510J復活の儀を執り行う

 

修理依頼に関する注意事項を確認する

 

修理依頼を行うにあたり、細かな注意点が複数ありますので、以下のリンク先を確認した上で、修理依頼を行いましょう。

 

ざっくり概要を書きますと

 

・保証書は絶対に同封要。なければ、有償対応。購入日付と正規販売店印が記入されたオリジナルの保証書(コピー不可)のみ有効。未記入や販売店名が手書きの保証書等はアウト。

これ、購入した時点で保証書の確認をしっかりしておかないといけませんね。

私の保証書は、しっかりと販売店名と担当者印が押されていました、よかった~

発売元がいいよねっとになっているところに歴史を感じますなぁwww

 

・点検技術料及び返送料は無料。発送料は自己負担。

私の場合は、JPの定形外郵便の規格外500g以内に収まるように梱包したので、発送料は510円で済みました。

内部データの初期化等で不具合が改善した場合は、点検技術料の範囲内のようです。

私の場合、修理費はかかりませんでした。(Edge 510Jが修理サービス終了品なので、修理が必要だった場合は救われない結果になったはずなんですけどね)

 

・修理(=同型商品との交換)する場合は、商品によって固定の修理費がかかります。Edge530なら16,900円。Edge830なら18,200円。Edge1030なら19,500円のようです。

新品を購入するよりかは、はるかに割安ですね。

他の商品の修理費を確認したい場合はこちらから。

修理料金のご案内 – ガーミンジャパン

 

修理依頼に関するポイントは上記3点ぐらいかと思います。

 

修理点検のご依頼方法 – ガーミンジャパン

 

各種サービス依頼フォームから修理依頼を行う

 

修理依頼は、各種サービス依頼フォームから行います。

 

各種サービス依頼フォーム – ガーミンジャパン

 

修理サービスが終了していない商品に関しては、修理受付入口にシリアル№と購入日を入力し、次へをクリックします。

 

 

シリアル№、購入日ともに保証書に記載されています。

 

ちなみに、次へをクリックした後、修理サービスが終了した旨のメッセージが画面に表示された場合は、以下の修理サービスが終了している商品の問い合わせ方法になります。

 

私のように修理サービスが終了している商品に関しては、修理受付入口の右隣りにある製品名/カラーを入力し、次へをクリックします。

 

修理情報の入力画面に切り替わるので、不具合内容を入力します。

 

私の場合は、このように記載しました。

 

アクティビティページの表示が文字化けし、設定等を記憶しなくなりました。

 

50文字までしか入力できませんので、簡潔に症状を入力しましょう。

例:再起動を繰り返し、使用することができない

電源が入らなくなった 等

 

入力が終わったら、追加ボタンをクリックします。

 

画面下部に入力内容が表示されますので、次のステップへをクリックします。

 

 

入力内容の確認画面が表示されますので、次のステップへをクリックします。

 

 

お客様情報の入力画面が表示されますので、氏名・住所等の各項目を入力し、次のステップへをクリックします。

 

お客様情報の確認画面が表示されますので、次のステップへをクリックします。

 

以上で、修理依頼は完了です。

 

ガーミンジャパンからの返信メールを待つ

 

修理依頼番号がタイトルに記載されたメールがすぐに届くと思います。

 

これは修理依頼を行ったという証明の自動返信メールですので、あと数日待ちましょう。

 

修理依頼を受理したという自動返信メールが返信されてきます。

 

私の場合は、修理依頼を行った次の日の16時30分頃に返信されてきました。

 

このメールに、商品と共に同封すべきもの、発送先の記載がありますので、それに従い発送準備を行います。

 

ちなみに、なんらかの対応方法がメールに記載されている場合もあるかもしれませんので、しっかりとメール内容を確認しましょう。

 

返信メールに対応方法が記載されている場合は、それを試す(※記載がないかもしれません)

 

私の返信メールには、以下の対応方法が記載されていました。

 

・PCにEdge510J本体を接続し、「Garmin」フォルダー内「GUPDATE」ファイルがあれば削除し、その後、起動させ正常動作するかを確認してみてください。

 

確認したところ、「GUPDATE」フォルダ自体が存在しなかったため、商品を送付することになりましたけど・・・

 

不具合内容によっては、他の対応方法が記載されており、それを実行することで不具合が解消する可能性もあるかと思います。

 

Garmin Edge 510Jを梱包し、返信メールに記載されている宛先に送付

 

お手本は、ガーミンジャパンから返送されてきた梱包内容かと思います。

 

それが、こちら。

 

私、ここまで丁寧に梱包しなかったです、すいません・・・

 

シリコンラバーは、着けたまま送ってしまったので、わざわざ分けて緩衝材に包んで返してくれました。

 

こちらから送る時も、緩衝材に包んで、多少の衝撃にも対応できるようにしておけばいいかと思います。

 

 

修理品到着メールを着信

 

送付したGarmin Edge 510Jが、ガーミンジャパンに到着すると、到着メールが送信されてきます。

 

あとは、対応完了メールを待つばかりです。

 

2~3週間待機 → 対応結果メールを受信

 

私の場合は、3月19日に到着メールが届き、3月23日に復旧完了メールが届きました。

 

わずか4日のスピード対応、本当にありがたや。

 

しかも、復旧したとかうれしすぎですね(*´▽`*)

 

Garmin Edge 510J復活の儀を執り行う

 

復旧完了メールが届いた次の日、発送メールが届きました。

 

そして、その次の日である3月25日、復活したGarmin Edge 510Jが手元に帰ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

完璧に初期化された状態でのカムバックでしたので、設定に30分ほどかかりましたが、完全復活でございます♪

 

 

最後に

 

保証期間をがっつり過ぎている商品にも関わらず、無償対応してくださったガーミンジャパン様、本当にありがとうございました。

 

まだまだ、大事に使わせていただきたいと思います。

 

今回の件で、サポートが充実しているということも、商品選びの重要なポイントなんだなと再認識いたしました。

 

サイクルコンピューターみたいな精密機器に関しては、保証を受けれる日本正規販売品の方がいいのかもしれませんね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました