物欲が暴発!!アクションカメラ SONY HDR-AS300 を買ってしまった話

やらかしました。

久しぶりにやらかしたと思います。

Youtubeでロードバイクのレース動画を見ることが多くなり、こう思うようになったんです。

せっかくの経験を記録に残さないというのはもったいなくない?」って。

私自身、初のレースに参戦する前は、先輩方がアップされている動画を見て研究しています。

上位クラスの動画は、次元が違いすぎてあまり役に立たないんですよね。

実際、私が参加するレースはC5やC4の入門クラスです。

そのスピード感やレース展開を知りたいという思いで、Youtubeで動画を探すんです。

しかし、計器データ付きの有用な動画って少ないんですよね・・・

ならば、私が通ってきた道を紹介し、誰かしらのお役に立ちたいという思いで書いている当ブログも動画アップに参戦せねばと思った次第。

クリテリウムにのめり込んでいく過程で、だいぶ前から考えていたことではあったんですけど。

夏のボーナスを貯めていたこともあり、買うことを迷い始めたらポチッとまでの時間が異常に早い私。

次に参戦する岬町クリテまでに、カメラのテストもしたかったので、善は急げでマッハポチ!!

Go Proと迷ったんですけど、ロードバイクは小刻みな振動が1番厄介なのではと思っていたので、その分野でトップを走るこの機種に決定。

スポンサーリンク

SONY HDR-AS300 を購入!!

選定理由はただ1つ!!

「空間光学ブレ補正」

これです。

ただただ、きれいでなめらかな動画を撮りたかった。

Youtubeでアップされている動画が、異常なまでになめらかだったんですよ。

これ以外ないな~って感じで。

使い勝手の面では、GoPro HERO5 Blackの方が圧倒的によさそうだったんですけどね。

耐久性や耐水性、音声認識(ボイスコントロール)、サイズ、タッチディスプレイ有と相当に高性能。

ただ、Youtubeに動画をアップするという目的からすると、4Kの撮影機能は不要(容量が大きくなりすぎて扱いずらい)ですし、使用用途はロードバイクのみなので耐久性もそんなに問題にならないかなと。

それよりも画質がいいこと。

動画が見やすいことを優先した結果、AS300に決定。

Go Proと比べて、アクションカム的な形をしてないところが気になったのですが、ロードバイクに固定するだけなら、問題ないかなといったところ。

画像からは、サイズが大きく見えますけど、実物は小さいです。

大きさの比較対象に、近場にあったキンカンを用いる特殊スタイル(笑)

ちなみに右側にあるのは、付属品の防水ハウジングです。

どうも防水ハウジングを付けると別売のマイクを付けないと音声をほとんど拾えなくなるそうで、私は付けないスタイルでいこうかと思っています。

私の流儀として、雨の中を走ることはしないですしね。

ただ、ノーガードというのも怖い。

ということで、このオプション品だけは購入しました。

レンズに付けるプロテクターです。

レンズだけは守ってあげないといけません。

小石で一撃必殺なんてこともありえるかもしれませんのでね。

ロードバイクに取り付けるために、レックマウントも購入

あと、ロードバイクに取り付けるためのアタッチメントを購入しないといけません。

AS300の付属品だけでは、ロードバイクに取り付けることはできませんので。

これについては、有名なレックマウントの商品を購入しました。

レックマウント、商品の種類が多すぎて分かりずらい・・・

キーワードは「ソニー製アクションカム対応」であるか。

いろいろな対応商品を販売しているので、よく読んで購入しないと間違ったものを購入してしまうかもしれません。

私は、5mmのスペーサーを置換して取り付けるタイプのアタッチメントを購入しました。

ハンドル周りが映らない方がすっきりした見やすい動画になるかもと考えたんですけど、なるべく目線に近い高さからの方がリアルな映像になるのではと思い、コラムヘッドの上に設置されるスペーサータイプにしました。

これは、いろいろと動画を撮ってみて、ハンドル周りやサイコン、ライトなどが邪魔になるかを確認してみてといったところです。

念のためですが、5mmのスペーサーと入れ替えるわけですので、スペーサーが入らないぐらいにコラムカットされている場合は、スペーサータイプは使えません。

ダブルアーム式にアタッチメントを付けて対応するなど、他の方法があるようですので、そちらを検討してください。(それだけで10,000円ぐらいかかりそうですが・・・)

microSDXCカードも必要なのね・・・

記憶媒体もいりますよね、そうですね・・・

購入したAS300で撮れる動画の最高画質は1080pのため、ここまで性能のよいmicroSDXCカードは必要なかったのですが、「せっかく購入するなら買ってしまえ」の精神で、UHS-I U3対応のmicroSDXCカードを購入しました。

このカードであれば、4Kの動画も撮れるレベル。

ポイントとなるのは、最大読出速度と最大書込速度です。

特に、4Kでの撮影を考慮するのであれば、最大書込速度が速くないと対応できないのではないかと思います。

microSDXCカードの性能評価は、Class~の数値部分とUHS-I U~の数値部分で決まるようで、Class10のUHS-I U3が4K対応レベルみたいですね。

いろいろと種類があり、読出は速いのに書込は遅いみたいなカードもありますので、よく確認するようにしてください。

また、AS300の場合は、microSDXCカードが必要です。

私のように、間違ってSDXCカードを購入しないようにしてくださいね( ;∀;)

まとめ

勢いで購入を決めたのですが、アクションカム本体以外への投資も多く必要で、総額50,000円以上かかりました∑(゚Д゚; )マジッ

しかし、バックも大きかったので、大満足です。

早速、じてつーを撮影してみたのですが、高画質すぎ~\(^o^)/

せっかくなので、Garmin Verb Editを使用して、メーター類も表示してみました。

意外に簡単に編集が行えたのにはびっくり。

ただ、動画のサイズが1GBを超えるというすさまじさだったため、回線速度に合わせて画質を落としてくれるYoutubeに動画をアップしてみました。

ということで、わたくし、ユーチューバーになりました(笑)

収入で生計を立てているわけではありませんが。

つまらぬ通勤動画ですけど、ちょっとくらい見てみてやってください\(^o^)/

※画質が悪いようであれば、720p(HD)での再生になっていないと思います。

未編集の動画は、本当にきれいで滑らかで感動ものですよ♪

アタッチメントの取り付けやアクションカムの取り付け、編集方法については、別の機会にアップしてみたいと思います。


にほんブログ村

コメント

  1. より:

    買っちゃいましたね?(笑)

    光学手ぶれ補正、素晴らしくなめらかなんですが、一個だけ欠点が。

    フルスプリントして左右に激しく振っても滑らかに補正しちゃうので、臨場感か少し減ります(o・д・)

    とか妬みコメントしてみました(笑)

    • AKIRA より:

      買っちゃいました(笑)
      フルスプリントも補正するとか高性能すぎですね\(^o^)/
      光学手ぶれ補正をもってしても、迫力あるスプリント映像が撮れるようにスプリントの練習しときます!!