ファイントラックのパワーメッシュをインプレ

以前、インナーウェアに関するこちらの記事をアップしました。

 

 

結局のところ、パールイズミのインナーしか試せていませんでした。

 

私が快適にじてつーを続けるためにも、もう1着欲しかったので、思い切ってこちらを購入してみました。

 

 

ファイントラック(finetrack)のパワーメッシュです。

 

私がじてつーで着ている中華ジャージよりたけぇ・・・

 

でも、これで快適なじてつーができると思えばね。

 

※当記事と合わせて、こちらの記事もぜひ読んでください。

 

パワーメッシュの真価は、ベースレイヤーとレイヤリングした時に発揮されます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最もスピーディな汗抜けを実現した、ドライレイヤー

 

ファイントラックの公式ページでこのように表現されています。

 

汗冷え対策としてもっとも重視したのが、「汗抜け」とのこと。

 

これは「速乾性」と同等の意味なんでしょうね。

 

汗を生地の外側に追い出し、中に戻ってこないようにして、肌をドライに保つ。

 

それを可能にしているのが、この極薄メッシュ構造。

 

 

また、乳首すけすけのやつ~!!

 

パールイズミのクールフィットドライと同じですね。

 

速乾性を実現するには、すけすけメッシュ以外ないということなんでしょう。

 

ただ、使われている素材が違うのか、撥水性に大きな違いが!!

 

これを見てください。

 

 

 

汗がたまになって浮いてる~\(^o^)/

 

通勤直後に撮った写真ですけど、素材が汗を吸収しないんですね。

 

汗をはじくイメージ。

 

これが、パールイズミのクールフィットドライだと汗を吸収した上で、乾きやすいという性質と大きく異なる点。

 

なので、パワーメッシュを脱いだ後に、スポーツタオルでさっと拭くだけで、ほぼ乾きます。

 

1分も扇風機に向けていれば、完全に乾きます。

 

これは、実際に目にすると、「すげぇぇぇっっっ!!!!」ってなりますよ。

 

なので、汗冷えとは無縁になるというのも嘘ではないかも。

 

防臭効果は?

 

あと、もともと防臭効果があるようですが、それに加えて、この速乾性の高さが防臭に寄与していると思われます。

 

そもそも、悪臭の原因は湿気による菌の増殖です。

 

原因となっている湿気が大幅に低減されることで、菌の増殖も抑えられているように感じます。

 

実際、1日ロッカーに放り込んでおいても、嫌な臭いはしませんでした。

 

着心地は?

 

着心地は悪くはないです。

 

ただ、ザラザラ感はあるかな・・・

 

生地が若干硬いかなと思うところはありますが、ぴったりとフィットしてくれるので、いい感じです。

 

と、ここまではいいことを書きましたが、じてつーにおいてはこんな問題点が・・・

 

ジャージに速乾性がないと汗が戻ってくる

 

厳密にいうと、背中あたりで外に出た汗が、ジャージのところで留まってしまい、それが腰あたりで再度水分になって、レーパンに流れてくるという感じ。

 

また、じてつーではバッグを背負うことは必須。

 

私はdauterのRace EXP Airを使っているので、背中の通気性は相当確保できていると思うのですが、それでもあきませんでした。

 

ちなみにバッグはこれ。

 

 

真夏の酷暑の中でのじてつーには向かないかもしれません。

 

上半身よりも下半身が不快になるという罠・・・

 

じてつーに関しては、パールイズミのクールフィットドライの方が、トータルで快適かもというのが正直なところです。

 

まとめ

 

レースで、通気性のいいジャージを着て、何も背負わずに走るのであれば、パワーメッシュは快適そのものです。

 

春や秋に活躍するインナーだと思います。

 

そんなパワーメッシュへのリンクはこちら。

 

 

ちなみに女性用のこちらも人気があるそうですよ。

 

 

ファイントラックは、パワーメッシュの下位商品として、スキンメッシュというラインナップも用意しています。

 

こちらが、クールメッシュドライと同じような性質のインナーになるのかも。

 

1度、試してみたいところです。

 

また、他社の代表的な夏用インナーウェア6着の機能性ランキング記事をアップしましたので、そちらも読んでみてください。

 

コメント