寒い冬に着るべきインナーはこれで決まり!! パワーメッシュ + ジオライン L.W. 【レイヤリング】

私が最近気に入っている、寒い時期にロードバイクに乗る際のインナーウェアについて。

 

結論から言うと、ファイントラックのパワーメッシュ+モンベルのジオラインL.Wのレイヤリングが温かく、速乾性もあり、快適に過ごせておすすめです。

 

レイヤリング(重ね着)についても解説していますので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レイヤリングという考え方

 

以前から好んで着ていたのはモンベルのジオラインL.W(ライトウェイト)

 

ジオラインは、そこそこ暖かく、吸湿速乾性も優秀、制菌効果もあって防臭に優れるという万能インナーであることは、広く知られているところです。

 

これ1枚でもかなり快適なロードバイクライフを過ごせるわけですが、さらに快適になる方法を発見しました。

 

ファイントラックのパワーメッシュモンベルのジオラインの下に着る。

 

これです。

 

いわゆる、レイヤリングという考え方ですね。

 

レイヤリングの定義については、ウェア各社によって異なるようです。

 

私が参考にしたのは、ファイントラック社のレイヤリング解説ページ。

 

最強の5レイヤリングとは | 国産アウトドアブランドのファイントラック
ファイントラックの5レイヤリング。それはドライレイヤー、ベースレイヤー、ミッドレイヤー、ミッドシェル、アウターシェルの5つのレイヤーを重ね、常に行動し続けるためのレイヤリングシステムです。ウエア内外の濡れに強く、山でのリスクを大きく軽減します。

 

詳しくはリンク先を読んでいただきたいのですが、簡単に言うと

 

ドライレイヤーが汗を肌から引き離し、ベースレイヤーがその汗を吸収、即座に蒸発させ乾燥を保つという内容。

 

1枚のインナーで、汗を肌から引き離しつつ、吸収するというのは矛盾しているんですよね。

 

汗を吸収した繊維が、肌に触れた時点で汗を肌から引き離せてないことになるので。

 

なら、その役割を2枚のインナーに分担すればいいじゃないかという発想です。

以前、当ブログでファイントラックのパワーメッシュのインプレをアップしました。

 

ファイントラックのパワーメッシュをインプレ

 

上記記事にて、「パワーメッシュは汗が尻の方に流れていまいち・・・」という内容を書きました。

 

これ、ドライレイヤーのインプレとしては正しいんですよね。

 

ドライレイヤーのみで使う場合に関しては・・・

 

悲しいかな、ドライレイヤーの使い方を間違っているんですけど・・・

 

そう、パワーメッシュは1枚で使うようには設計されていないんですね。

 

ベースレイヤーと組み合わせるのが、本来の使い方です。

 

ということに気付いて、ジオラインと組み合わせたらいいのではないかと考え、早速実践してみました。

 

単体で使った時のデメリットを打ち消すドライレイヤー + ベースレイヤーという使い方

 

想像していた通りでした!!

 

パワーメッシュを使った時のデメリットであった、尻の方に汗が流れてくるという点が解消。

 

また、ジオラインを単体で着た時のデメリットであった、汗を多くかきはじめると少しべたつくという点が解消されました。

 

素晴らしい。

 

パワーメッシュは、汗を肌から引き離し、撥水機能でジオラインに汗を渡す役目をします。

 

ジオラインは渡された汗を吸収し、乾かそうとします。

 

が、乾かすのは速乾性があるとはいえ、すぐには乾きません。

 

水分を含んだジオラインが肌に直接触れることで不快感を感じるわけですが、そこにパワーメッシュが肌に触れないようにガードとして機能するわけです。

 

よく考えられてるなと感心。

 

パワーメッシュ+他のインナーの組み合わせも試してみたいところです。

 

ジオライン以外の候補は、おたふく手袋のBODY TOUGHNESS、ミズノのブレスサーモ、ファイントラックのドラウトエア

 

暖かさ優先で考えると、ミズノのブレスサーモが最有力かなと考えます。

 

汗を吸って発熱するという発想からも相性がよさげ。

 

1番お安いシリーズだと2,000円程度のようなので、ポチってインプレでも書こうかなと考えています。

 

あと、おたふく手袋のボディータフネス。

 

こちらは、ロードバイククラスター界隈で話題の高コスパ商品。

 

実は、先日に思わずポチってしまい、もう手元にありますので、近々にインプレ記事をアップしたいと思います。

 

2018年1月3日追記

実際に使用してみてのインプレです。結論は、ロードバイク向きではありませんでした。

 

関連記事:【ロードバイク】話題の冬用インナー、おたふく手袋のBODY TOUGHNESS WIND SMASH Ⅱをインプレ

 

 

最後に、冬用ではありませんが、ファイントラックのドラウトエア。

 

パワーメッシュとの相性という意味では、同じ販売元なんですから1番いいはず!!

 

こちらは、お値段が優しくないですし、夏用なので春先にでも購入してインプレをアップしたいと思います。

 

最後に

 

そもそもレイヤリングの肝となる商品はパワーメッシュなんですよね。

 

少々お高いのがつらい・・・

 

半額ぐらいでスキンメッシュというドライレイヤーもありますので、そちらも試してみたいところ。

 

 

最後に、寒い時期のインナーに、ヒートテックだけは選ばないように!!

 

速乾性が皆無なので、汗冷えで凍死しますよ。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント