住友輪業プレゼンツ 欲張りアワイチ ~ 飯テロ、そして決断編 ~

欲張りアワイチのここまでのおさらいは以下からどうぞ。

住友輪業プレゼンツ 欲張りアワイチ ~東海岸 魔の高速巡航編~

住友輪業プレゼンツ 欲張りアワイチ ~ 平和に水仙郷ヒルクライムのはずが・・・編 ~

住友輪業プレゼンツ 欲張りアワイチ ~ 向かい風の南あわじ編 ~

さて、ホテルニューアワジの絶景を楽しんだ私たち。

時間がおしている&空腹に耐えられなくなってきたので、福良を目指します。

ホテルニューアワジからは、ちょいちょいっと坂を登って、福良まで下るだけですからね。

ほとんど目と鼻の先。

福良前の峠のピークにて一旦止まろうかと思っていたのですが、先客がいたのでそのままダウンヒル。

大人数で入れてくれるうまい店といえば、安定の「鼓亭」しか思い浮かばなかったので、そのまま直行します。

ここまでの動画がこちら。

13時45分と少し遅めの時間だったので、奥にある大きな座敷に通してくれるとのこと。

「今からご飯やで~」と住友輪業さんに連絡すると。

住「飯テロ禁止令を発令する!」(原文まま)

それをみなさんにお伝えしたところ、全員が即座に同じことを口にしました。

完全に振りやん!!」と。

どう考えてもダチョウ倶楽部ですね、分かります。

主催者からのオーダーを忠実に守るため、我々は淡路島を代表するたまねぎと淡路牛で調理された焼肉丼や淡路の新鮮な海鮮を使用した海鮮丼などをオーダー。

料理が出てくるまでの間、おっさん13人でワイワイと話をしながら待ち。

むさい合宿所のごときかな・・・

丁度時を同じくして、水仙郷トラブル組は、ちょろりゅう教官とばなめいさんが車での救済のために、岩屋まで東海岸TTを行い到着したとのこと。

向かい風の中、40km/h巡航で鬼牽きするちょろりゅう教官の姿を見たかったなぁ・・・

ばなめいさんは、ちょろりゅう教官の気迫の走りに追従し、天に召されたようですがΩ\ζ°)チーン

状況の確認等も行いながら待っていると、料理が運ばれてきました。

と、ここで私が提案。

「飯テロするなら、テロらしく同時多発でいきましょう♪」

様々なおいしそうな料理の写真を同時送信すれば、主催者様も納得の破壊力を持った飯テロとなることでしょう。

とりあえず、みなさんには写真だけ撮っておいていただいて、送信ボタン手前で待機してもらいつつ、先に食していただき。

2017年10月1日、14時20分。

一斉発射!!

グループトークに次々に表示されるグルメの数々\(^o^)/

鼓亭の座敷席には「お~!!」という歓声が。

その一部をご紹介。

料理の動画はアップに限るね♪

さて、どんなリアクションが返ってくるかな~と思いつつ、おいしく焼肉丼をいただいていると・・・

既読がつきやがらねぇ~!!

飯テロを要求した張本人がスルーするという・・・

「住友さん、見てへんやで・・・」と軽い焦燥感に打ちひしがれていると、LINEが。

(´・ω・`)

(´;ω;`)ブワッ

「いや、なんかごめん、ほんと悪気があったわけでは、うん・・・」と心の中でつぶやきつつも、これは心の中にとどめておかなければテロの被害が拡大してしまうと思い、黙々と焼肉丼を食べているとLINEが・・・

アール「なんかごめん

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!

ダメ押し!!それっ、止め刺すやつ~!!!!

テロは水仙郷ではなく、岩屋で起こってしまったようです・・・

住「全員今からインナーロー縛りな!」

絶対分かってて既読付けなかっただろ、住友さんよ・・・

せめて、住友さんが先に被爆してくれていれば・・・

仲間(水仙郷)を助けるために必須にがんばった仲間(岩屋)を、仲間(福良)が止めを刺すというなんとも悲しいストーリー、ここに完結。

そんなこんなをしていたら、鼓亭を出るのが14時30分ごろになってしまいました。

明るいうちに岩屋に戻ることを目指すのであれば、フルアワイチをするのはかなり厳しい状況。

湊までショートカットして120kmコースに変更した方がいいかなと思い、ご飯を待っている間に住友輪業さんに相談してみたんです。

すると、「脚が残ってる組はフルアワイチしたらいいんとちゃいます?」との案が。

ここで組を分けて、別々のコースを走るという案をさっと提案できる当たりが、名ライドディレクターの実力やなと感心。

みなさんにこの提案を伝えると。

「フルアワイチしたい人なんています?」との声が。

「AKIRAさんだけフルアワイチしてきたらええんちゃいます?」なんて発言まで出る始末。

みんな、心が折れとる\(^o^)/

私も心にひび程度のダメージはおっていましたので、満場一致での「ショートカットアワイチ」が採択されました。

ということで、次は内陸を北上し、五色のファミマまで行くことに決定。

というところで、続きは次回に。

今回、走行時間がわずか15分しかないという・・・

物足らないという方は、先日の大阪岬町サイクリングフェスティバルのクリテリウムC4L参戦動画をアップしましたので、こちらも見てみてください。


にほんブログ村