当ブログの記事本文のコピー、盗用について

2018年8月9日の1時27分48秒から1時32分40秒にかけて、当ブログの以下の3記事の本文がごっそりとコピーされました。

 

空気圧を上限値まで入れてませんか?ロードバイクタイヤの空気圧の適正値について

サイクリストがダウンヒルの際に気を付けるべきポイント

ペダリングにおける引き足の意味

 

当ブログでは記事内容の盗用監視のため、本文がコピーがされた時に、メールで通知がくるように設定しております。

 

記事内の一部のキーワード、例えば、解説しているアイテムの商品名であったり、ロードバイクに関する専門用語であれば、どうぞコピーしていってくださいという感じなのですが・・・

 

本文をごっそりはアカンやろ!!

 

ポジティブに考えて、記事本文をメモ帳にコピーして、紙でお仲間さんに情報共有のために配りましたというなら大歓迎です。

 

しかし、記事の盗用目的であり、他のサイトやブログで公開されるようなことがあれば、到底許せるものではありません。

 

私は、記事内容2,000文字に1時間をかけ、調査諸々にも相当な時間をかけて記事を書いています。

 

それを全体選択→Ctrl+Cで数秒でパクられたのでは、たまったものではありません。

 

ということで、もし、私の記事に酷似した本文のページを見つけた時は、私にこっそりと教えていただけませんでしょうか

 

お問い合わせフォームからご連絡いただけますと、大変助かります。

 

十分な証拠をおさえた上で、相応の対応をさせていただこうと考えております。

 

 

WordPressでブログ運営をされているみなさん、自衛のためにもCheck Copy Contentsというプラグインをインストールされることをおすすめします。

 

Check Copy Contentsをインストールすると、今回の私の事案のように、ブログ本文のコピーされた箇所がどこで、いつ、どのIPアドレスから、どのブラウザーで行われたのかがすべて分かります。

 

いざという時に役立つかもしれませんよ。

 

しかし、本当にこんなことが起こるんですねぇ・・・

スポンサーリンク



スポンサーリンク
ブログ
Follow Me
速く遠くへ

コメント