超お久しぶりのハイパー夜練で、渦森台ヒルクライムと深夜ラーメンを嗜む

ハイパー明石ダコ師匠に会えなかった期間、実に1年以上。

 

夜練で毎週のごとく会っていた日々がなつかしいwww

 

私がブログへのウエイトを高めたために、夜練に出ることがほぼなくなってしまったので、ずっと会えていませんでした。

 

休日に会おうとすると、お互いに月1回ぐらいしかフリーな日を作り出せず、しかもお師匠様は日曜日限定というハードルの高さ。

 

365分の12を調整するのは、なかなか難しいもの。

 

さらに、お師匠様は、巷で大流行しているZwiftをTACXの最高級スマートトレーナーとともに導入。

 

タコ「これあったら、夜にわざわざ外に走りいこうと思わんw」

A「ですよね~w」

 

どうやら、夜な夜な外に実走に行くのをあまりよく思っていなかった家人からの印象もよくなるという副次的効果も発生したらしく、STRAVAに夜練のログが上がる率が9割減になるというw

 

いなちくロングライドに出走していたら会えていたんですけど、私はロングライドイベントには出ない主義なのでパス。

 

ちなみに、いなちくで話題になっていたキャリーミーで参戦していた2人組のうちの1人が、ハイパー師匠ですw

 

キャリーミーって、こういう小径車ね。

 

ツネさんもお持ちなんですね。

 

そんなハイパー師匠と久しぶりに夜練で会えるきっかけを作ってくれたのが、ちょろりゅう教官でした。

 

ちょろりゅう教官もマシントラブルなどの理由もあって、ずっと一緒に走れてなかったんですよね。

 

たまにお声がけはいただいてたんですけど、休みが合わない・・・

 

超久しぶりに平日に有休申請してライド予定を立てていたものの、完全に神の域に達しているハイパー師匠の雨男ぶりで、雨天中止という悲しい結末。

 

みんなで走るには、平日夜にZwiftするしかないんじゃない!?ぐらいのメンツが、やっと揃うことができたのが、2月9日の土曜日でした。

 

という、くそ長い前振りからの本編ですw

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイパー夜練のいつもの場所は、明石海峡大橋下

 

ハイパー夜練が開催される時の集合場所は、明石海峡大橋の下が鉄板。

 

そして、この日の夜練の行先は、HAT神戸にある兵庫県立美術館と六甲山の麓、渦森台ヒルクライムコース。

 

私の家との位置関係的には

 

明石海峡大橋 – 私の家 – 目的地

 

いいでしょう。

 

無駄に明石海峡大橋までソロで走りましょう。

 

そして、西行きが向かい風というね←定番

 

到着した時に少し時間の余裕があったので、記念撮影的なものを。

 

 

集合場所に行ってみると、まだ誰も来てない。

 

この日、大寒波がやってくると騒ぎになっていた週末の土曜日。

 

3.7度と意外に寒くないとは言え、誰もいないのはつらいw

 

 

時間ぴったりに、ぞろぞろと湧いて出てくるロードバイク乗りが5人w

 

この日の参加者は

 

〇ハイパー明石ダコ師匠・・・Zwiftで月1,500km走ってるとか言っちゃう妖怪ペダル回し

〇ちょろりゅう教官・・・Newマシン&ホイール投入で、ネオ進化を遂げたおじさん

〇アールさん・・・さらっとNewホイール投入した髑髏おじさん

〇陽さん・・・ハイパー夜練の常連になりはじめた頃から夜練の回数が激減したという悲しみおじさん

〇ハタさん・・・陽さんのお友達。はじめましてかな?

 

「お~、久しぶりやな~」で始まる同窓会的なノリでスタート。

 

まずは、ちょろりゅう教官のNewマシンに触れないとね~

 

ピンクで統一したこだわりのエモンダSLR、かっこよす!!

 

噂の軽量ヒルクライムマシンの実力、かなりよいみたいです。

 

以前乗っていたマドンよりも平坦もスーッと進んでいくらしい。

 

うらやましい限りですな。

 

アールさんもさらっとボラワンを導入。

 

よく見たら、陽さんもボラワン。

 

みなさん、バブリーね\(^o^)/

 

そんな機材の話で盛り上がる中、初めましてのハタさんはド緊張していた様子。

 

陽さんが、ハイパー夜練のことを人外の集まりの如く伝えていたらしいw

 

さて、どうなることやら。

 

ロードバイク乗りの言うことを信じてはいけませんw

 

少し安心していただくために、様子見で35km/h巡行(追い風なので・・・)ぐらいでいきましょう~ということでスタート。

 

道がごちゃついている福良川あたりまでは、約束を守っておとなしい感じ。

 

福良川を超えると道が2車線になり、開ける。

 

あれ?

 

ハイパー師匠が牽いてない??

 

ちょろりゅう教官がNewマシンで楽しくなってる!?

 

ずっと40km/hオーバーなんですけどwww

 

ハタさん、いきなりハイパー夜練の洗礼を受ける\(^o^)/

 

追い風とはいえ、かなりきつかろうにw

 

そんな中、ハタさんを召喚した陽さんは「この追い風は気持ちいいですね~♪」と余裕。

 

ハタさんに死亡フラグが立ちまくってるw

 

須磨を超えると少しだけペースが落ち、2パックに分離。

 

特に事案が起こることもなく、HAT神戸にある兵庫県立美術館に到着。

 

兵庫県立美術館に、安藤忠雄作の新たなモニュメントが出来たらしい?

 

こんな情報、どこから手に入れてくるんだろう?

 

ちょろりゅう教官が、今回の夜練のスパイスに選んだのがこちら。

 

記念撮影をするため、リンゴを求めて、ミニスカ鉄ねぇさんの近くをうろちょろ。

 

かなりの時間を費やして探すも見つからない・・・

 

もう一度、写真をよく見てみてる。

 

ワタシ、キヅイタヨ

 

リンゴのある地面の位置、高くないかい??

 

そして、ヒントになりそうなすりガラス。

 

はい、美術館内にあるモニュメントでした、残念でした~

 

下調べ大事ねw

 

せっかく来たので、定番のミニスカアイアンガールと記念撮影。

 

 

さ、次行きましょうw

 

ロードバイク乗りの目的は、走ることですからね~

 

お手軽に長めのヒルクライムを楽しめる、渦森台ヒルクライムコースへ

 

神戸で長めのヒルクライムを楽しむには、六甲山に突撃しないといけないわけですが、六甲山の麓にも少なからずスポットがあるんですね。

 

その1つが、渦森台。

 

距離約3km、平均勾配7%と山中に踏み入ることなく、この距離を登り続けれる環境はレアではないかと思います。

 

しかも、ゴール地点に夜景スポットがあるというおまけつき。

 

しかし、住宅が多い場所でもあるため、騒がしくするのはNGです。

 

白鶴美術館前からが約3kmで、山手幹線からだと4kmぐらいはあるでしょうか?

 

スタート地点までの1kmをかなりのスピードで話をしながら登っていくハイパー師匠。

 

いきなりから逝きかけているハタさん。

 

白鶴美術館前に到着した時点で、ほぼ昇天しとる・・・

 

私もお付き合いしようかと思ったものの、夜練唯一のがんばりスポットだったので、心の中でごめんと言いつつ、皆さんに追いつく。

 

赤塚橋の信号に引っかかり、仕切り直し。

 

リスタートで、話をしながらハイパー師匠と陽さんが先行していく。

 

アールさん、ちょろりゅう教官、私はぜひゅぜひゅいいながら追走。

 

追走できてなかったけどw

 

ハイパー師匠、息切れてなかったらしい。

 

Zwiftのやりすぎで、FTP5倍近くあるんじゃなかろうか・・・

 

やだ、怖い。

 

途中でハイパー師匠は、ハタさんのフォローでマスタングへ。

 

最後は、陽さん、私、アールさんで抜きつ抜かれつつを繰り返しながら、ゴール。

 

陽さんは余裕っぽかったな~

 

アールさんもあまり走れてないはずなのに、相変わらず強い・・・

 

ほぼタイム差なしで、ちょろりゅう教官も到着。

 

なんだかんだで、みなさんお強い。

 

ハタさんを待っている間に夜景を撮影。

 

六甲山の上よりも、夜景が近いのでキレイ。

 

ただ、すぐ後ろは住宅が並んでいるので、音には気をつけないとですね。

 

そうこうしていると、ハタさんとフォローにまわったハイパー師匠がゴール。

 

慌てて写真を撮ったら、おもいっきりブレてた・・・

 

モザイクかけなくて済んだけどw

 

夜景を楽しんだあとは、身体に熱が残っている間にダウンヒルへ。

 

さすがに寒い!!

 

渦森台周辺に来た際の鉄板ラーメン屋へGO

 

渦森台から2国へ下りたところにあるラーメン屋、しぇからしかへ

 

ロングダウンヒルを大寒波到来の夜中に敢行するとか鬼畜です・・・

 

そんな時は、ラーメンでしょう。

 

ラーメンしかないでしょう!!

 

ということで、定番のしぇからしかへ。

 

店内に入る前からとんこつの油のにおいがやヴぁい・・・

 

陽さん、入店前から胃袋をやられるという事案発生www

 

では、物を拝んでいただきましょう。

 

 

油ギトギトだね~

 

陽さん、ギブアップ寸前w

 

ハイパー師匠、横で替え玉ぶっこんでるwww

 

ロードバイク乗りのステータス、胃袋力も大事!!

 

ラーメンのお味は普通においしゅうございます。

 

わたくは、ラーメン太郎の方が好きかもしれません。

 

陽さんが、ラー太って略してたのがラーメンプロのようでツボりましたw

 

帰路は、ハイパー師匠の強烈な一本牽きで

 

ヒルクライムがんばった。

 

油たっぷりラーメンで胃にもダメージ。

 

時間は深夜12時を過ぎ、眠さ満開。

 

その場でふとんくるまって寝たいレベル。

 

が、しかし。

 

走り始めてすぐに目が覚めた。

 

ハイパー師匠の鬼牽きタイムスタート\(^o^)/

 

向かい風の中、40km/h巡行はやめてください\(^o^)/\(^o^)/

 

ただ、巡行だけならドラフティングでなんとかなるんですけど、スタートで踏むのがやっかい。

 

マジ、やっかいw

 

2国の信号地獄でやられると、激しいインターバルトレーニングになるわけですよ。

 

ラーメン食べたあとに、これはひどいw

 

っていうか、ハタさんのことをお忘れではございませんかwww

 

それでもなんとか喰らいついてくるハタさん。

 

早々に強くなりそうですね~♪

 

そんなことを15km近くやって、私は早々に離脱。

 

「明石海峡大橋まで一緒に走ろうぜ」という強烈な勧誘を受けましたが、「バーロー」の一言でで一蹴しときました。

 

しかし、いつも同じパターンだなwww

 

やっぱり、ハイパー夜練は楽しい♪

 

また、土曜日の夜にハイパー夜練やりましょう!!

 

参加されたみなさま、ありがとうございました\(^o^)/

 

今度は、はこP夜練にも参戦してみようかな・・・

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

  1. ちょろりゅう より:

    久しぶりのみんなとの再会…なんか同窓会的感覚にとらわれた。(*´pq`*)ムフッ

    やっぱり気の知れたメンバーと走るのは楽しいね‼︎(o^^o)

    • AKIRA AKIRA より:

      ね、楽しかったですよね♪

      また、夜練行きましょう!
      ロングライドも実現しましょう!!

  2. ハイパー明石ダコ より:

    この間はお疲れさんw
    割とやさしめに走ったつもりやったのにこの言われようww

    久々に走ってみて思ったけど、
    ZWIFTもいいけど気心知れた仲間と走る程楽しいことはないねw

    夜練で寒さに耐える季節もそろそろ終わりやし、どんどん走りに行こうな!

    • AKIRA AKIRA より:

      お疲れ様でしたwww

      きっとハイパーさん的には優しめだったんでしょう!
      しかし、帰路の信号待ちで、後ろのみんなは下を向いて背景白黒の世界に突入していたのをご存知ですかっ!?

      非常によきトレーニングでございましたw

      やっぱり、夜練メンバーで走るの楽しいですね♪
      また、夜練よろしくお願いします\(^o^)/

      うちの奥さんも鍛えてあげてくださいwww

タイトルとURLをコピーしました