【ロードバイク】タイヤの空気圧、低くし過ぎてませんか? 動作保証外かも??

タイヤの空気圧について、知っておくといいかもしれませんよ~ぐらいのライトな感じで読んでいただければと思います。

 

最近、空気圧を高めにして乗り続けていたばなちゃんが、タイヤの空気圧を低くして乗ってみようということに今更気付いたみたいでして、こんなやり取りをTwitterでさせてもらったんですよね。

 

(´-`).。oO(ブロガーマニアなら、ワイのこの記事の存在は知ってて欲しかったんだぜ・・・)

 

該当記事のリンク、念のために貼っておきます。

 

 

平たく説明すると、「高過ぎる空気圧で走ってませんか?逆に遅いですよ、それ」という内容の記事です。

 

体重に対して、高すぎる空気圧を設定すると、インピーダンス損失で転がりが悪くなるよと。

 

体重が65kg以上ある方ならあまり問題にならないのですが、私やばなちゃんのように体重が60kgを下回る方、さらに言うと40kg台の軽量ライダーの方からすると、この記事をそのまま実践した場合、タイヤの空気圧が5Bar近く、ヘタをすれば4Bar台に突入するという計算になってしまうんですよね。

 

そこでですよ。

 

今回は、タイヤの空気圧の下限値について話題にしてみようと思った次第です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイヤの空気圧の下限値、下回ってませんか?それ、動作保証外かも??

 

最近、空気圧は高過ぎない方がいいという事実は広く知られることとなったように思います。

 

それゆえの弊害として、乗り心地がよければ、下限値を超えた低圧の空気圧で乗る方も増えているのではないかと感じます。

 

リアルに5Bar台の空気圧を設定されている方が増えた気が・・・

 

かくいう私もフロント5.8Barとか試したことがあります。

 

実際、軽量ライダーの場合は、路面からの衝撃が緩和されるし、しっかりと接地しながら転がってくれるので乗った感触はよくなる気がします。

 

しかし、私はこの記事を書いた頃から、フロント6.5Barのリア7Barで乗ることにしています。

 

 

タイヤの空気圧について、分からないことはメーカーに問い合わせてしまえ~!!ということで、コンチ、ヴィットリア、シュワルベ、ミシュランに問い合わせてみた時の記事です。

 

コンチとミシュランは回答をいただけなかったので、ヴィットリアとシュワルベだけですが、双方、空気圧の下限値については同じ回答をいただいているんですね。

 

それが、下限値を下回る空気圧では走らないでくださいという内容です。

 

みなさん、下限値を下回る空気圧で走るリスク、リム打ちパンクだけだと思ってません?

 

前述の両メーカーさんが指摘している共通のリスク、それがタイヤが外れる可能性がありますという内容です。

 

普通に怖くないです?

 

走っててタイヤが外れたらしゃれにならんですよ。

 

ダウンヒル中だったら、フルームも真っ青の大事故です。

 

まぁ、「低圧で乗ってるけど、タイヤが外れるなんて大事件、起こったことがないよ?」という方がほとんどだとは思うんですけどね、実際は。

 

でも、メーカーはそのリスクがあるから空気圧の上下限値は守ってくださいと公言しているわけです。

 

そのように表現されているかは定かではないですが、いわゆる「動作保証外」というやつではないかと思います。

 

私、システム屋さんをやっておりまして、パッケージソフトの販売にも関わっているので、頻繁に聞くんですよ、動作保証外というキーワード。

 

この動作保証外という意味、ぶっちゃけの表現をすればこういうことなんです。

 

こちらが指定した使い方以外は、一切テストしてないから、たまたまうまいこと使えたとしても何が起こるか分からんよ?そこのところ、よろしく!!

 

よく使われる「自己責任でお願いします」も同義ですね。

 

そう、動作保証外って、指定された環境・使い方以外では、一切テストしていないって意味なんですよ。

 

パソコンの世界であれば、Windows10向けに開発したソフトをWindows10のみ動作検証を行って販売する場合、Windows10だけが動作保証内なんですね。

 

Windows8やWindows7にインストールする場合は動作保証外。

 

でも、実際はWindows8にインストールしても動作するかもしれない。

 

簡易なソフトなら、動作する可能性の方が高いぐらいです。

 

でも、Windows7にインストールしてソフトを使用していて、ある操作を行った時にだけ、Windowsがクラッシュするようなことが起こった場合、どうなるでしょう?

 

そのソフトの販売元に問い合わせても「Windows7は動作保証外なんで・・・」の一言で終了です。

 

パソコンがクラッシュして、使い物にならなくなったとしても、それは自己責任でやったことですよね?ということです。

 

パソコンは1台10万円ぐらいの損失で済みますが、ロードバイクのタイヤの場合はどうでしょう?

 

普段、空気圧の下限値を下回る低圧で走行していて問題がなくても、高速ダウンヒルからのハードブレーキング時に、たまたま、タイヤが外れたら?

 

命が消し飛ぶ可能性、十分にありますよ??

 

ということを考えていたら、かなり怖くなりまして、空気圧の下限値は守ろうと思いなおした次第です。

 

もし、空気圧をかなり低く設定されている方がいらっしゃったら、少しばかり再考されてみてはいかがでしょうか?

 

他にもあるロードバイクに関する動作保証外

 

他に思いつく動作保証外の内容はこんなところでしょうか?

 

・カーボンリムのリムブレーキ車にラテックスチューブを使用する

・C17のホイールに23Cのタイヤを使用する

・Dedaのステムに他社のハンドルを使用する

 

他にもいろいろとあるとは思いますが・・・

 

最後に

 

事故・落車のリスクを減らせるよう、さまざまな知識を蓄えつつ、実践していけたらと思う今日この頃です。

 

タイヤに関して読んでみていただきたい記事、貼っておきます!!

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました